2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

来客・その①

実は、3月末の話なんですが、ウォの親戚が遊びに来てくれました。
とは言え、土曜日の夜中に到着して、火曜日の早朝に出発したので、嵐のような滞在でしたが…(笑)。
またメンバーが凄かった。
ウォの継母ジュネット(亡くなったウォパパの再婚相手)、ジュネットの長女ジーニー、
ジーニーの次男フィン&三女マイカン。
フィンに会うのは3回目、ジーニー&マイカンに至ってはウォパパの葬式以来2回目ですもの。
うお~(笑)。
でも、会いに来てくれて、すんごく嬉しかったです。
ここだけの話、私はウォの実母よりジュネットの方が気が合うんですよね。
ジーニーは、話には聞いてた通り、自分勝手だし、言いたい放題だし、
人を急かすクセに一人でフラフラ行方不明になっては私達を待たせ、本気で突っ込みそうになりましたが、
絶対に嘘を言わない、適当な言葉で取り繕ったりしない、
だからこそ、憎めないと言うか、愛すべきカーチャンなのです。そんな貴女が大好き。
ちなみに、ジュネットも同じようなタイプの女性なんですけど、
メッチャ元気で活き活きしてるけど70過ぎてますから…さすがに少し丸くなられたようです(笑)。
また彼女達のプランも凄かった。
アメリカからドイツに飛んだ後、アヴィアーノまでレンタカーで移動すると言うものでした。
後でジーニーと話したら、子供が5人いるので、
ヨーロッパ旅行は最初で最後だと思う、なるべく費用をかけず出来る限り見て回りたい、
と言う意見だったので(尤もだ)、
ハンバーグで乗り換えてヴェニスに行くよりレンタカーでアヴィアーノ入りする方が安かったのでしょう。
でもでも、いくらアメリカ国内の長距離運転に慣れてるオネーサマ方とは言え、
慣れない外国で!
地図(たまに間違ってるし省略されてるし)が有っても迷うイタリアで!
マナーの悪さで有名なイタリアンドライバーに囲まれて!
絶対に思った通りに進まないだろうなぁ~と心配してたんですが、悪い方の予感が的中。
なんとアヴィアーノに到着(出来たから凄いと思って)したのが、
予定を大幅に遅れて、夜中の2時。
捕まえた酔っ払いイタリアンから携帯を借りて、うちに電話をくれたのでした。
基地のホテルに部屋を用意してあったので、ウォがタウンスクエアまで行き、基地までエスコートし、
無事にチェックイン。ほんとにお疲れ様でした。
土曜日はウォが早く起きられなかったので(そりゃそうだ・笑)お昼からBXに集合し、
ジーニーの携帯がヨーロッパで使えるハズなのに使えないからオカシイってことでBXの店と揉めたり、
お金を下ろしたり、食料を仕入れたり、フィンの眼鏡を物色(閉店セールでバカ安)したり、
なんだかんだと忙しくて…
アヴィアーノ周辺(うちの近く)をチョロッと案内するくらいしか出来ませんでした。
日曜日は彼らが到着する前から予定していた通りヴェニスへ。
タイムチェンジの為(スッカリ忘れてた)乗ろうと思っていた電車を逃すと言うアクシデントがあるも、
15分後に次の電車が来たので大丈夫。
ウォとフィン(この2人めっちゃ気が合う)は昔の武器を見るのが好き、
マイカンはサンデースクールでキリスト教(彼らはカトリックです)に付いて勉強中であり、
今回は学校から宿題(イタリア旅行のレポートを仕上げる)まで出されており、
また「せっかくイタリアまで来たのだから子供たちの為になる物を見せてあげたい」と言うママの希望で、
今回のヴェニスは「美術館めぐり」がメイン。
日曜日の割に混んでなかったし、半袖で丁度いい位の気温だったので、非常に快適でした。
前回の混み具合と比べたらラッキーだったと思います。
ハナちゃんは途中で疲れて(飽きてかな・笑)2時間くらい昼寝してましたが。
私達も、サン・マルコ寺院や美術館の中に入ったんですが、
絵画、彫刻、家具、生活用品、装飾品、武器などなど、色んな展示物を見ることが出来て、
非常に良い経験になりました。ジーニーに感謝してます。
月曜日は彼らの希望でビーチへ。
動物園の側にあるんですが、この時期に行くのは非常に賢いってことが分かりました。
落ち着いて考えてみたら当たり前なんだけど、まだ開いてないから入場料を払わなくて良いのです。
人足も少ないし。
みんなで貝殻を拾ったりして、すんごい楽しかったです。
でも、もっと凄い(彼らの力強さに感嘆する)のが、この後の旅行行程です。
アヴィアーノ→ピサ→ローマ→パリ→スウェーデン→ハンバーグですから!しかも車移動!
ありえない
ちなみに、ジーニーの旦那さんはスウェーデンの方、フィンとマイカンは半分スウェーデン人になるんです。
たから、今回の旅行のメインは、スウェーデンの親戚とイースターを過ごすこと、
でも、せっかくヨーロッパ圏内に入るんだから、
イタリアに寄って私達に会い、あちこち観光し、ついでにフランスにも行っちゃおう、
と言うことだったらしいです。
後でジュネットから貰った手紙によると、私達が恐れた通り、これでもかってくらい迷いまくり、
あちこち観光できて、親戚に会えて、そりゃあ楽しかったが、
物価が高すぎてビックリした、パリでは全く外食できず自分達でサンドイッチを作って食べた、
フランス人はイタリア人ほど親切じゃなかった、
などなど色んなことが書いてありました。こりゃ私達には出来ないわ(笑)。ほんとにオツカレサマです。
かなり長くなっちゃいました。写真は次の記事に載せます。
[ 2010/05/30 20:49 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。