2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハナちゃんのプレスクール(2009~2010)・その⑤

少し複雑(でも無いか・苦笑)な状況になりました。
実は、3月から、友達のグレイシー(何度かブログに登場したハズ)が同じクラスに入ったんです。
楽しくやってると言いたいところなんだけど、その逆。
グレイシーは(私の基準だと絶対に止めるような)乱暴な遊び方をするし、
お菓子とかで手が汚れても気にしないで遊ぶんですよね。
食べる時に汚れるのは構わないけど(年齢的に仕方あるまい)終わったら洗うのが基本では。
そのクセが付いたのか、ハナちゃんは何も言わなくて自分で洗面所に行くし。
ぜんぜん悪い子じゃないんだけど、ハナちゃんに真似して欲しくないって感じかな。
あまり関わりたくないのが本心。
グレイシーの両親は「子供は子供らしく伸び伸びと育てる方針」なんだろうな、と思います。
それに対して「良い・悪い」をジャッジするつもりはありません。
でも、私は彼らと違って、
もうプレスクールに通い始める年齢だから、締めるところは締めるべき、と言う方針なもんで、
根本的な価値観が違うと言うことがストレスに繋がるんですよね。
祝日が来る度に私達を招待してくれるので感謝してるし、一緒に居れば楽しいし、良い夫婦なんだけど、
頻繁に会うと疲れるって言うかなぁ~。
ウォと奥さんの方が元々顔見知り(同じ基地からイタリアに来た)だからと言って、
彼らと友達にならないと駄目って訳じゃないけど、
同じ年頃の娘が居る訳だし、誘われて断る理由も無いし、なんか切るに切られない状況で。
分かりやすい例を挙げると、たまたま基地とかで顔を会わせて、
子供達がキャ~キャ~騒ぎ始めた場合、
止めるのが私。何も言わないで放ったらかしなのが向こう。
しかも、ちょっと困るのが、
私が必要だと思ってハナちゃんに注意やタイムアウトを与えた場合、グレイシーが邪魔すること。
頼むからハナちゃんに何が悪かったか説明させてくれよ…みたいな↓

そんで、どうなったかと言いますと、
最初の2週間は、スクールであることを忘れて大はしゃぎしちゃうので、抑えるのが大変でした。
この調子じゃ通常のペースを崩すんじゃないかと心配だったんですが、
嫌な方の予感の方が的中。
しっかりタイムアウトを食らった上、その件に付いて先生から報告がありました。
とは言え、たった1回の注意で元に戻ったので、ちょっと感心。
でも、問題は、この後です。
ハナちゃんはグレイシーに執着することなく今まで通りに行動してるみたいなんですが、
グレイシーの方がハナちゃんベッタリなんですよね。
もう2ヶ月になるけど、
やっぱり最初から知ってる友達って言えばハナちゃんだけだから?特別なのかな?
ハナちゃんがベタベタされて気にならないなら全く構わないんだけど、その逆なんですよね。
朝一番、グレイシーが寄って来ると、露骨に嫌な顔をする。
アクティビティ選ぶ時、
グレイシーがハナちゃんの後ろを付いて回ってチョッカイ出したりゴチャゴチャ話しかけたりするので、
疎ましく思うような、振り切ろうとするかのような、そういう素振りを見せる。
現に「それが嫌だ」って口に出して言ったこともある。
スクールが終わった後、グレイシーはハナちゃんと一緒に手を繋いで帰りたいんだけど、
ハナちゃんの方は距離を置きたくて仕方ない。
アニータの姿が見えないにも関わらず、グレイシーがハナちゃんと一緒に帰ろうとして席を立ち、
先生に注意され、大声で泣き喚いたことがありました。
以来、外で待ってるよう言われたもんで、私達が先に着いた場合は待つことにしてるんですが、
ハナちゃんは待ちたくない。
いつからだったか、スクールが終わった後、2人で芝生に生えてる花を摘むようになって、
アニータは微笑ましいと思ってるみたいだけど、
ハナちゃんは、過去そんな風に他の子に接したことないじゃんってくらい厳しい態度で接するので、
私からすると全く楽しそうに見えない。
グレイシーが、ハナちゃんが摘んでる花や私にくれた花を千切って空にブン投げるので、
その行動に対して感情的になったこともある。
もう(以前のように)スクールで何があったか話してくれないし、
私の友達がスクールに付いて質問しても、面白くないとか嫌いだって答える。
でも、グレイシーが小旅行で3日くらい来なかったことがあるんですが、
メッチャ楽しそうにスクールの出来事を教えてくれました。すごい違いですよね。私も驚きました。
ウォに言われて気付いたけどグレイシーに会いたいって言ったことないし。

ただ、ちょいと難しいと思うのが、
誰かがハナちゃんの所に来て、私も一緒に遊んで良い??って丁寧に聞かれたのに、
本人がヤダ!!って答えた場合。
たぶん、私は、「そんなこと言わないで仲良くしなさい」って言うと思うんですよね。
でも、意地悪とかじゃなくて、声をかけて来た子と遊ぶのが嫌で拒否った場合は、どうなんでしょうか。
遊びたくない子と遊べって強要するのは間違ってるような気がするんだけど、
そういう言動の全てが意地悪に繋がるのでしょうか。
自分の子供時代を振り返ってみると、
確か向かいに同い年頃の女の子が居て、あまり好きじゃなかったんですよね。
遊びたくない時は断ったような記憶が残ってるけど、
同じ学校に通ってるから(クラスが別なのが救いだった)完璧に切り離すことも出来ず、
嫌々ながら仕方なく付き合ってたような。
でも、6歳とか7歳の時ですから、それを4歳のハナちゃんに求めて良いものなんでしょうか。
こういった経験を通して、
人付き合いのアレコレを学んで行くんだと思いますが、
すでにハナちゃんくらいの年齢で色々あるとは…ちょいとビックリこきました
とにかく、私に出来るのは、
嫌なことがあっても強い言動に出ちゃダメ、言葉で気持ちを伝えなさい、
それをハナちゃんに教えることだと思って言い続けてるんですが。これで合ってるのかしら。
遊びたくないからと言って、意地悪に接して良いってことじゃないので。
実は、火曜日の話ですが、その効果が出たと見え、
クラスルームに入ったとたん、自分のアクティビティを中断して寄って来たグレイシーに対し、
ハナちゃんの口から出た言葉が「他の友達と遊んでくれない??」でした。
私の方は、ぎょ~!今なんつったぁ~!ってな感じで、心臓が止まるかと思いましたが、
先生がグレイシーの方に注意してハナちゃんから放してくれたんですよね。
ウォも「手を出さず口で言えたなんて偉い」「ぜんぜん悪いことじゃない」って言うし。そういうものかしら。
とりあえず、今日は保護者面談の予定が入ってるので、色々相談してみるつもりです。
[ 2010/05/21 04:57 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)
むずかしいね
人それぞれの子育て方針に【良い・悪い】はないけれども
世の中的には【いいこと・わるいこと】ってやっぱあると思うから
ハラメグちゃんが【わるいこと】って思ったことを子どもにやって欲しくない
って思うのは当然だと思うよ

4歳くらいになると親とだけの世界観だけじゃなく、子供同士・他人同士の世界観も絡んでくるしさ
まだ4歳だけれども、どっちを選ぶかは(大げさ?)は子ども次第だと思うよ
選んだ結果がハラメグちゃんが受け入れられないことなら、注意もしていいと思うけどね

友人関係も基本、本人が選んで決めていくんじゃないかな
その結果、きつい言葉で相手を傷つけてしまうこともあるだろうけど
相手もそこから何故自分が拒絶されたのか考えるきっかけになったりするし
ハナちゃん自身も相手を傷つけたと思うことから何かを学んだり
いやな思いした経験から自分はやらないようにしたりするんじゃないかな

4歳だからまだまだ早いように思えるけど
ここがこれから複雑怪奇たる女関係(笑)への第一歩だと思って
まったり観察してみたらどうだろう(笑)

なんか長々書いたけど
これが子ども同士でもめてる(?)うちに解決してほしいよね
相手の親とかとももめだしたら面倒だしね。。。
[ 2010/05/21 14:47 ] [ 編集 ]
はらめぐさん

ご無沙汰しております。先日は、はらめぐさんの結婚式の様子なんかをおしえてくださりありがとうございます。

ところで、大人でさえも人間関係うまくいかないこと多々あるので、子供ももっとだと思いますよ。
いろんな出来事を通して、不器用ながらもお互い学んで行くのんだろうな~と思います。そして、特に異動が多くなると、文化の違いにも悪戦苦闘しますよね。
何でも勉強だと思えばいいと思います。
はなちゃんも、なんかおもしろくないな~なんて思っているんでしょうね。

ちなみに、うちの同僚も彼女の子供が保育園でこんな感じのことがあったと言ってました。彼女は「今からもういじめ?」なんて焦ってましたが、なんか子供どうしでなんとかなったみたいですよ。

やきもきすることもあるかと思いますが、何かあったらハグしてあげてください。ハナちゃんも人間関係構築にいまがんばってるとこなんですよね。

それではまたお邪魔します。

[ 2010/05/21 15:40 ] [ 編集 ]
>ぶっしゅさん
ハナちゃんを育てるのは他の誰でもない私達なんだから、
私達がダメだって思うことは止めて良いんだよね。って言うか止めるべきだよね。
ほんと、ぶっしゅさんがおっしゃるとおり。
何を選ぶか誰を選ぶかって言うのは、本人に決める自由があると思う。
常識的に考えてオカシイことは物申すけど、
ハナちゃんは独立した別の人間なので、
自分とは違うって言う認識を忘れず、本人の個性を大事しつつ、
親がアレコレ干渉してコントロールするべきじゃないし。
親の方で何でもかんでも口出しすると自分で決められない子になりそうだし。
自分の子供時代を振り返ってみると、
うちの母親は、私が連れて来る友達に対して、その当時は何も言わなかったけど、
「あん時(と言うのは幼稚園~小学校低学年)のアンタの友達は…」
とかって後から突っ込まれたと言う(笑)。
どこに言っても会わない人・関わりたくない人って居るし、
フェードアウトして済むならラッキーだけど、そう出来ないケースの方が実は多いし、
人付き合いの難しさって今後ずっと付いて回るものだよね。
上手いこと折り合いを付ける?その方法を学ぶ?
ことが社会に適合するってことかな、と思ったりするしさ。
少しずつだけど、
その「されて嫌だったから自分も相手に同じことしちゃダメなんだ」って部分、
ハナちゃんの言動から感じ取れることがあるんだよね。
それに友達と揉めることで、
そういう遊び方したら嫌われちゃうんだって気付くだろうし、
困った時は助け舟を出すけど、
子供同士で解決させる、解決する方法を学ぶ、それも大事だし。
色々あったけど、こういう経験も必要なので、早い内に経験できて良かったかも。
話を聞いてくれて、コメントくれて、本当にありがとう。
[ 2010/05/22 02:43 ] [ 編集 ]
>akkoさん
ほんと、akkoさんが書かれた通りです。
子供同士で解決するのも大事だと思うし、そういった事を学ぶ絶好のチャンスだと思うので、
返って良かったかもしれません。
母も子も色んな経験を通して成長するんでしょうね。
改めて学校の重要性を感じました。ハナちゃんの様子に気を配りつつ見守って行きたいです。
色々と為になるコメント、ありがとうございました。
[ 2010/05/22 05:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。