2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イタリアのバール&スーパー事情・その②

今日は「バールで飲めるコーヒー以外の飲み物」に付いて。

ホットティー
私は基本的にコーヒー派(コーヒーor紅茶と言う選択肢があればコーヒーを選ぶ)ですが、
紅茶が嫌いな訳じゃないので、たまに飲みたくなることがあります。
そこで質問!イタリアの紅茶って美味しいのな?早速あれこれ調べてみました。
でも、あまり良い話が出て来ないんですよね。
仕方ないか~。紅茶じゃなくてコーヒーの国だもんな~。
とは言え、実際に試してみないと分からないし、地域によって違うかもれない、
強い好奇心から思い切って注文したことがあります…まんまとビックリこきました(笑)。
ティーバッグ(の詰め合わせ+お湯が入ったポット+レモンが入った空のカップ)が運ばれて来るわ、
こんな紅茶(の味じゃないもん)は飲んだことがないってくらいマズイわ、
もう二度と飲まなくて良いや。しかもティーバッグの方主流だと言う点で好きになれないし。

アイスティー
アメリカのアイスティーと比べたら、甘さ控え目で薄いんですが、
想像してたより甘くてジュースみたいでした。

カモミールティー
こちらのサイトに載ってますが、イタリアの食後はコーヒーオンリーだと思いきや、
カモミールティーを選んでも良いんだって。
イタリアの家庭に常備されてると言っても過言じゃないほど、食後に良く飲まれるみたいです。
鎮静作用やリラックス効果があると言われるカフェインフリーのハーブティーで、
ダイエットにも最適とか。
と言う情報を知ってから、気になってレストランやバールのメニューを見てみたら、
確かに載ってるんですよね。
と言う訳で、さっそく頼んでみたんですが、やっぱり紅茶と同じ状態で出て来ました。
味と言うより香と効能を楽しむ物だって知らなくて、何の味もしないことに文句タラタラでしたが、
今となっては、癒し効果が利いのかしら、気に入って頻繁に飲むようになりました。

フルーツジュース
どのフレーバーを飲んでも、アメリカのジュースより甘さ控え目で、
美味しいと思います。

アランチャータ(炭酸入オレンジジュース)
果汁100%のオレンジジュースに近い味で、ちょいとばかり甘さ控え目すぎるため、
私はイタリア版ファンタの方が好きです。

スプレムータ(絞り立てフルーツジュース)
一番ポピュラーなのがオレンジだと聞いたので、オレンジで作ってもらったのですが、
結果…微妙(笑)。
ジュースとして飲むには味が薄いような気がしたんですよね。
作り物じゃないオレンジの味だけど、それならオレンジを丸ごと食べれば良いじゃん、みたいな。
付属の砂糖を入れるべきだったか。
その時は邪道だと思ったけど、フルーツジュースって最初から砂糖が入ってますよね。
次回が有れば(無いような気もするが)試してみたいです。

グラニータ(夏季限定)
専用の機械に水とフレイバーを入れて凍らせた飲み物なので、カキ氷とは違うみたいです。
主なフレイバーはフルーツ各種・カフェ・メンタ。
クソ(失礼・笑)暑い時に飲んと格別に美味しいから、一時期はまりましたが、
ワタクシ、もともと大量の氷が入った飲み物や食べ物に弱くて、そういうのが好きじゃないんですよね。
後から頭と腹が痛くなると言う。
しかも1杯2ユーロ~3ユーロで決して安くないし。
ハナちゃんが頼むと、一人で飲みきれないから、それを分けてもらえば良いやって感じかな。

カフェ・ドルツォ
大抵のバールで飲めると言う情報どおり、取り扱ってないバールを見たことがないくらい、
必ずカフェ・ドルツォ用のマシーンが置いてあります。
こちらのサイトによると、麦茶と同じオルゾ(大麦)を焙煎した物を使って淹れるとか。
カフェインフリーで健康に良いんだって。
でもね、実際に飲んでみたらね、好き嫌いが分かれるんじゃないかなって感じ。
砂糖を入れてみたんですが、
コーヒーでも麦茶でもなくて黒砂糖みたいな味なんですよね。
不味い訳じゃないし、決して嫌いじゃないけど、
これはコーヒーの代わりじゃなくて麦茶として飲んだ方が美味しいかも…と言うのが正直な感想(笑)。
ちなみにスーパーでドルツォを物色してみたら、
粉の方が主流でした。
「麦茶+牛乳=コーヒー(byハナAのお兄さん)」と言う言葉を信じて、
私も牛乳を入れてみたら、普通に飲むより美味しかったです。
さらに砂糖を加えた方が、よりコーヒー牛乳の味に近くなることが判明。
砂糖が入ったコーヒー牛乳と言う味になるので、気に入って飲むようになりました。
でもマキネッタを使ってエスプレッソを淹れると、
溶けた粉がベッタリついて綺麗に洗うのが大変だったので、あまりオススメできないかも。
[ 2009/07/10 17:49 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)
いろいろ勉強になります
食ってやっぱり自分で経験してみないとわからないことだらけですよね。
今日、私ランチをしに、近くのカフェに行ったんですが(もちろん一人で:別に書く必要ないかv-8)そこで、カフェラテを頼んだら、近くにいたアメリカ人が、お店の人に「あれは何?」って聞いていました。あの人たちは多分、最近PCSしてきた人なんだろうな~と思いました。いろいろ聞いて、試してみるのが一番ですよね。私も、アイスティを頼んでスウィートとアンスウィートを覚え、アメリカにはガムシロップが存在しないこと覚えましたもの。今はあるのかしらね。
また、教えてくださいね。今後の参考になります。
[ 2009/07/12 00:01 ] [ 編集 ]
>akkoさん
そう、新しく調べるってことは、たまに恥をかくってことなんですが、
それも大事な経験と言うことで(笑)。
確かに、言われてみると、アメリカのレストランにはガムシロップがないですね。
私は最初からアンスウィートティーなので使ったこと無いけど、
ウォの友達がドクターからダイエットするように言われ、
アンスィートティーにフェイクシュガー?を入れて飲んでました。
ガムシロップの方が綺麗に溶けると思うんですけどねぇ~。
ちなみに、その友達の話では、レモン付きの水を注文し、そのレモンを絞り、
砂糖を混ぜ混ぜして飲むと、安上がりのレモネードになるそうです。
アメリカのティーは日本のティーと違うので、その味が嫌で何だか飲みたくない気分の時、
でも普通の水も味気なくて嫌なんだよな…と言う時(お子ちゃま・笑)、
真似してレモネードもどきを作ったことがあります。
彼が言うようなレモネードにはならなかったけど、フレイバー付きの水みたいでした。
[ 2009/07/12 00:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。