2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インビサライン・その①

前のブログに書いた「矯正の専門家」じゃなくて、別の歯医者さんに通うことになりました。
と言うのも、ウォが職場の女性と歯医者の話をしていたら、
その金額は高すぎる!
自分の娘が矯正してもらった先生を紹介するから、セカンドオピニオンを求めるべきよ!
と言われまして、
イタリア語が出来る方なので(彼女は元米空軍オフィサー、旦那さんはイタリア軍のオフィサー)、
パッパと歯医者に電話をかけ予約を取って下さったのでした(力強し・笑)。
blog 002
Valenti(ラストネーム)と言う歯科医院で、ポルデノーネの中心街にあります。
父と息子2人で営業してるようです。
実は、ここだけの話、
一方通行が多くてゴミゴミしてる中心街にやられっぱなしで、歯科医院の場所を探し当てることが出来ず、
その2.3日後に予約を入れ直し、1回目のコンサルタントをしてもらったのでした
まずビックリしたのが、予約時間の30分前に着いても普通に診てくれる、
先生もアシスタントの女性も非常にフレンドリーで感じが良い、
ついでに先生は若くてハンサムだ(それは要らないぞ・笑)、しかも英語が上手、
「君は日本人?僕、ちょっと前に、日本旅行戻ったばかりなんだ。日本が大好き。」ですと!
ポイント高し
肝心の(笑)コンサルタントの方ですが、過去の先生方と大きく違って、
1)私の金具を開ける器具が無いので、アメリカの歯医者とコンタクトを取り、金具の種類を調べ、
適切な器具を手に入れることが出来れば、今の金具を使って治療を続ける。
2)もし手に入らないなら、
金具を取り外して、一からやり直すことになるが、自分のスペシャリティであるInvisalignを薦める。

…Invisalignって何じゃ!?
invisaline.jpg
こちらのブログに載ってました。

先生の説明によると、まず歯の型を取り、コンピューターで今後どの位置に動かしたいか分析し、
その結果に基づいてアメリカの会社にマウスピースを発注するそうです。
通院は2週間ごと。
食べる時はマウスピースを外すことが出来るので硬い物でも普通に食べられるし、
ワイヤーを締める度に痛い思いをしないで済む、デンタルフロスも楽(金具の間を通さなくて良いから)、
歯が動いたせいでワイヤーが口の中に突き刺さって流血するとか、
金具がぶつかって口内炎が出来るとか、そういう心配もナシ。金具より良いじゃないか。
ってか、そんな良い話を聞いた後で、金具なんて付けたくないぞ。
この歯医者さんを紹介してくれた女性の娘さんもInvisalignで矯正したそうです。
ちなみに、まだ若いからだと思うけど、コストが1200ユーロ。
私がエライ勢いで食い付いたもんで(笑)、Invisalignによる治療を進めることになったのでした
2回目の今日は、今後の治療方針のために細かい写真を撮り、
金具を外してもらったのですが、金具ありバージョン&なしバージョンで型を取りました。
しかし歯医者さんって大変ですね。力仕事ですよね。
この金具を取るのが一苦労でして、金具の周りに透明のテープを巻きつけた後、ペンチでゴリゴリ。
ワイヤーごとゴロンと取れたのですが、
男の先生が力いっぱいペンチを動かしても、サクッと取れない金具がありました。
取ったら取ったで、歯に残った専用の糊を綺麗に剥がすため、また一苦労。仕事とは言え、お疲れ様ッス。
また、途中で何度も「大丈夫?痛くない?」と確認してくれ、ナイスガイですよ
結果、金具が取れて「ヤッター!!(ヒーローズ)」なのですが、
金具が取れたのに、まだ圧迫感があって、とても変な感じ。ウォやハナAさんに言われたとおり。
そして、気になるコストの方ですが、
こう言った下準備、メインの治療、アフターフォローを含め、4500ユーロでございます。
決して安い金額じゃあないですが、
4000ユーロ~6000ユーロ+写真を撮るだけで750ユーロ、
そんなに払うけど違う金具を付け直すだけなので、引き続き居心地の悪い状態が続く…
と言う方針を立てた矯正の専門家より、条件が良いかな、と。
4500ユーロ払う価値もあると思うんだよな。しかもハンサムな先生に会えるしさ(それは関係ない・笑)。
真っ直ぐな歯並びをゲットするために、今後も頑張ります。
[ 2009/06/05 07:02 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)
こんちは~です。
おお、私がやってるのもこれだー。私も顎関節症(そんなにひどくはないんですが)だっていうことで日本で医者行ったら、これやってもらいましたよ。そっか、こんな名前だったんですね。知りませんでした(笑)。私の場合は夜寝る時だけつけてればいいって言われただけなので、夜しかつけてませんが。
[ 2009/06/05 19:42 ] [ 編集 ]
>おっきーさん
お元気ですか?もう夏休みでしょうか?
そうそう、私も日本の歯医者で同じようなマウスピースを作ってもらったことがあります。
ゴムと言うかシリコンと言うか…透明で柔らかい素材ですよね?
でも、インビサラインは、顎関節症用のマウスピースと少し違って硬くて、
2週間ごとに新しいマウスピースを作り、少しずつ歯を動かすみたいです。食事と歯磨き以外は着用すると。
私の時も寝る時だけ付けろって言われたんですが、最終的に、
「あなたの場合は、歯並びが悪いけど、お互いの歯が協力し合って上手に噛み合わせしてるので、
顎が痛いとか、口が開かないとか、そういう大きな問題が出たら連絡ください」
…と丸投げされちゃいました。
そんなに高いものじゃないけど、先に何千円か払ったのに、「あれ?」みたいな(今さら・笑)。
[ 2009/06/06 00:23 ] [ 編集 ]
なんだかとっても良い歯医者さんに当たってよかったねー。
やっぱり職場の同僚とか、イタリア人の知り合いがいたら心強いね。
ぼったくりもなさそうだし。
私も高校生の時矯正してたけど、取れた時は超嬉しかったよ~。
[ 2009/06/06 05:20 ] [ 編集 ]
>Aoiちゃん
コメントありがとうi-179
うん、金額に関しては微妙なところだけど、他の歯医者さんに比べて良心的だし、
全く何のコネクションもないわけじゃないし、
何より最初から付け直すにしても、マウスピースの方が矯正用の金具より楽だ思うので、
そのための金額だと思えば…まぁ許せるかな(笑)?
始めたからには終わらせないとダメだし、このまま放っておくわけにもいかないから、
仕方ないっちゃあ仕方ないもんなぁ~。
そうそう、イタリア人と結婚してる人やイタリア人の知り合いが居ると心強い。
サクッと連絡とってくれるし。イタリア事情に詳しい人の紹介だから向こうも変に吹っかけて来ないし。
Aoiちゃんは高校生の時に矯正したんだ。やっぱり金具が無い方が楽だよね。
今後は硬い物を食べても大丈夫だし、歯磨きも楽だし、なんだか自由になった気分(笑)。
[ 2009/06/06 17:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。