2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おひっこし~

予定の通り、水曜日の朝にホテルを出て、借家に移動しました。
インターネットを接続して貰いましたが、
持って来たワイヤレスラウダーが使えず(理由不明)、新しいのを買うハメになりました。
結果、私のラップトップはワイヤレスOKとなりましたが、今度は別の問題が発生。
2階の小部屋にウォさんのパソコンを置く予定なんですが、
壁に専用のプラグがある電話回線が通っていないため、電話やインターネットが使えないのです。
今の家はコンクリートなので、
ノースキャロライナのモービルホームみたいに家の下に潜ることが出来ないし、
三沢の借家みたいに天井の裏に上がることも出来ないので(自分でやるからスゴイ・笑)、
プロに頼むしかないんじゃないかなぁ~と思います。
とりあえず、インターネットが通じたし(嬉しい)、VONAGE(IPフォン)も使えるようになったので、
アメリカと日本まで電話OK!になりました

ウォさんのビートルは最悪です。
新しいバッテリーを入れたら普通にエンジンがかかり、それは良かったんだけど、
今度はクラッチが壊れていると
でも、車の輸入を担当する部署が補償するのは、ボディだけでメカニックは含まないそうです。
つまり、船に乗せる前に無かった傷や凹みがあれば、お金を出して貰えますが、
メカニックに関しては最初からノーチェックなので、
彼らに弁償して貰うためには、彼らが壊したと言う証拠が必要になります。
ウォ曰く、最初から壊れた車を輸入して、
「お前達が壊した!修理代をよこせ!」と言う輩が出たら困るので、メカニックはノータッチなんだろう、と。
うーん、アメリカ人なら言いそうだ、そういうこと。
ウォとしては、壊れたのがクラッチだけであれば、「古い車だから」っちゅう言い訳が通じるだろう、
でも、バッテリーとクラッチが一緒に壊れるのは?何らかの因果関係があるのでは?
今でも、ライトのせいでバッテリーが上がり、
ロールスタート(詳細不明・笑)とか言う方法で車を動かそうとした結果、
なんせ古い車なので想像以上の負担がかかり、クラッチが壊れたんじゃないか、と。
でも、それは推測であって、確信も証拠もないので、修理代を出して貰うのは無理みたいです。

金曜日の今日、アメリカから送った大型荷物が届けられる予定なんですが、
またまた「8時~5時」と言う曖昧なスケジュール
とは言え、向こうも早く終わらせたいから、たいてい早めに来てくれるものなんだけど、
10時半になっても来ないところを見ると、午前中に別の配送があるのでしょう、
イタリア人はアメリカ人と違い、仕事の途中でランチに行って戻って来る、と言うことをしないんだって。
今から来てもランチまでに終われないから、午後からになる可能性が高いと思います。
と言うわけで、とりあえず私とドビーが残り、
ウォさんとハナちゃんがビートルが保管されている倉庫に向かいました。
トートラックで家まで引っ張って貰うことになるので、その日程の打ち合わせのためです。
家の片付けに車の修理…忙しい週末になりそう
[ 2009/03/27 18:45 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。