2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Japanese x English

また、こういうことを書くと、
賛否両論…どころか反対意見の方が多いような気がするんだけど、
思うところがあって、ウォとあれこれ協議したので、
ブログに書きたいと思います。

ハナちゃんは半分だけ日本人だけど、
積極的に日本語を教えてるわけじゃないし(日本語の本を本を読むくらい)、
日本国籍も持っていません。
私達の場合は「この子はアメリカ人としてアメリカで育つ子だから」と考えたもので。
二ヶ国語が出来たら素晴らしいことだけど、
果たして、それが日本語の場合、得をするのだろうか?
日本人の血が混じってるから、日本語が話せないとダメなのだろうか?
そりゃ、私はもちろん、
日本にいる家族、友達、これからアメリカで会うかもしれない日本人の友達…
とコンタクトを取ることが出来るけど、それだけですよね。
だから何?それが大事なんでしょ!そういう意見もあるでしょう。
ごもっともです。反対するつもりはありません。
でも、ハナちゃんが1人で会うことはないと思うから、私が通訳すれば良いことだし、
うちの両親も簡単な英語なら聞き取れる、
こちらで友達になるかもしれない日本人の方なら英語を話せるだろうし…
さらに、他の言葉を覚えるなら、
スペイン語の方が良いんじゃないだろうか、使い道が多いし、なんて思うんです。
そう感じた理由の1つが、
私が居る地域では、英語が通じなくても?スペイン語なら通じることが多い!と言うもの。
つまり、スペイン語が出来れば?
ヒスパニックや一部のヨーロピアンと会話が成立する!
アメリカには英語を話さないヒスパニックの人がたくさん居ますので、
英語とスペイン語を話すっちゅうことで、もしかしたら仕事の範囲が広がるのでは、
なんて思ったりするわけです。
日本も同じですよね、特に外国人が多い地域(米軍基地があるとか)なら、
衆力する上で英語が大きな武器になると思います。
英語を話す人と話さない人が居れば、話せる人の方が重宝されるんじゃないかなぁ。

あと、だたの言い訳になるかもしれませんが、
現実問題として、日本語を教えるのが難しい…のもあるんだよな
お前が面倒クサイだけだろ!?と言われたら、
全く間違いじゃないので素直に認めます。ちゃんと教えておられる方を尊敬します。
まず、うちの場合、
ウォが日本語を話さないので、常に英語主体です。
さらに、ウォの基本方針が、日本に永住する予定がないんだから、
「日本語より先に英語を覚えて欲しい」と言うもの。
結果、自分の英語が完璧なわけじゃないのに、先に英語が出てしまう状態。
また、現状を考えると、
ハナちゃんの周りで日本語を話すのが私だけなんですよね。
私がよっぽど頑張らないと、なんせ私以外との会話で日本語を使う機会がないわけだから、
せっかく覚えても忘れちゃうような気がしたり。
日本人がたくさん居る地域に住むなら、日本語が出来ることで優位に立つなら、
Usefulだと思うんですが、ウォが米軍基地で働き続ける限り、
行くとしたら(言っちゃ悪いけど)日本人が何だか良く分かってない田舎の方だろうし。
ゴルズボロに居た時なんて、
アメリカ人じゃなければヒスパニックに違いない、と言う先入観の元、
あちこちでスペイン語の翻訳を貰うハメに(苦笑)。日本語じゃないと分からないから

でも、全く日本語を教えないと言うわけじゃなくて。
ハナちゃんがもう少し大きくなって、英語の方が完璧になったら、
日本語の本を使って一緒に遊びつつ、楽しく日本語を教えたいと思っています。
せめて挨拶や簡単な日本語が分かるようになれば良いな、と。
今の状態では、
日本で生活できるほどの日本語をは身に付けるのは、正直なところ難しいと思うので…
頭が柔らかいうちに教えた方が吸収が良い、と言う意見もあるでしょう。
でも、私としては、アルファベットが完璧で無いうちに「あいうえお」を教えたくない、
2ついっぺんに教えたら、覚える時間も2倍になる、
他の子供達はアルファベットが言えるのに、
ハナちゃんは言えないかもしれない、そういう風に遅れを取る可能性が無いとも言えない、
だから!「あいうえお」はアルファベットが出来てから!
ゆっくり焦らず、ストレスやプレッシャーを感じず、少しずつ教えていきたいです。

でも、こういう話をすると、面白いなぁ~と思うのが、
「日本語で話しかけると良いよ」と励ましてくれるのが、たいてい会ったばかりの人。
うちの両親に相談しても、
「あんた達の子供なんだから、ウォと相談して方針を決めなさい。
アメリカ人なんだし、アメリカで暮らすんだから、日本語はムリして教えなくても良いんでしょ。」
とか言われちゃうし(さすが私の両親・笑)、
思ったことをハッキリ言ってくれる(だから大好き)ウォの継母に話すと、
日本語がマイナーである点について、
「そんなことないよ」とボカすわけがなく、「その通りだ」だって言われちゃうし(はは・苦笑)。
この方針が正しいと言うんじゃなくて、押し付けるわけでもなくて、
ウォと話し合った結果、私達は遊び感覚で気楽に頑張る…ことにしました
[ 2009/03/11 06:29 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)
国際結婚で子供がいる家庭ならみんながぶつかる問題ですよね。私は、それぞれの家庭でやりやすいようにやればいいんじゃないかと思います。確かにハナちゃんがこれから育つ環境はきっとずっと英語圏ですよね。スペイン語についても賛成。私の勝手な考えですがこの世界で通用率一位と二位は英語とスペイン語ではないでしょうか。
みっちーにはできれば日本語と3ヶ国語がんばってほしいわ。(欲張りすぎ。)
うちの場合は日本にいるので、日本語英語両方ごちゃ混ぜになってますが。初めは私は100%日本語で、夫は英語でみっちーに話しかけようと思っていたのですが、なかなかそうもいかず、ロバートは変な日本語で話しかけちゃってるし、私もつたない英語でも話しちゃってるし、、いつからか、細かいことは気にせずなすがままになってました笑
・・の結果、みっちーが今話す言葉は英語日本語半々くらいです。明らかに同じ月齢の日本語だけの子達より遅れていますが、長い人生のなかで数ヶ月分くらい遅れていたって。。と全く気にしていません。
私も、アメリカに行くたびに会うと「混乱するといけないからはじめ英語を完璧にしてから日本語を教えろ」と言ってくる人がいるんですが、内心(なんであなたにそんなこと指示されなきゃならないの?日本に住んでるからむりだっつーの)と思いながらもそうですね、と毎回聞き流しています。
[ 2009/03/12 14:58 ] [ 編集 ]
うまくいえないけど・・・
本人が決めればいいんじゃないかな?
私たち日本人は、自分で選択する余地なく第二外国語として英語を与えられてきたよね
もちろんそれはそれで重要だと思うけれども
果たして日本語が他国でそれほど重要視されてるとは思えないし(^^;
大学とかいってフランス語や中国語のように、個人の選択によって選ばれる言語の一つだと思うんだ

たとえば今、ハラメグちゃんが英語ではうまくコミュニケーションがとれないとか、
どうしても日本語で伝えたいことがあるなら別だけど
そうじゃないならハナちゃんが大きくなって
『ママの国の言葉教えて、話してみたい』
と思うまでいいんじゃないかと思うよ

だってさ、ただでさえ子育てっていろんなしつけや教育があるのにこの上さらに!って言ったらすんごい大変じゃん!!
こっちが滅入っちゃうよ!!

それにさ、旦那さんも別に日本語教えて欲しがってるわけじゃないんでしょ?
旦那さんがさ、日本語もって言うならまた考えなきゃだけど↓↓
それにハナちゃんが覚えるなら旦那さんだって覚えた方がいいってなっちゃうし
(だって妻と子どもだけがわかって自分だけわかんなかったら寂しいじゃん(笑

とまぁまったくの外側から無神経な意見でゴメンヨ
言葉っての気持ちを伝える一つの手段だから
それぞれがストレスないように自分の気持ちを伝え合えたらいいんじゃないかなって思います
[ 2009/03/12 16:43 ] [ 編集 ]
>santanaさん
ほんと、出来れば、日本語・英語・スペイン語の3ヶ国語で(笑)!
一度に多数の言語を教えると、混乱するとか、言葉が出るのが遅いとか、そういう話も聞くけど、
私は、みっちーちゃんが居る環境、とても素晴らしいと思います。憧れでした。
両親が両方とも二ヶ国語を話し、
外に出れば日本語メイン(日本に住んでるから)、
でも、基地とのコネクションがあるから、英語に触れることが出来る。
無理なく、楽しく、自然な形でバイリンガルに育つ環境、まさに理想じゃないでしょうか。
みっちーちゃんは、santanaさんがおっしゃるように、
他の子供より日本語が少し遅れているかもしれません、でも、その分、英語を話すわけですから!
成長速度は同じじゃないでしょうか?二ヶ国語を上手に使い分けるってスゴイことですよ♪
え、英語を完璧にしてから日本語を教えろ?今、日本で暮らしてるのに?
なんともコメントしがたい意見ですね(汗)。
日本に居れば日本語がメインになって当然だし、みっちーちゃんの場合は英語も話すんだから、
全く問題ないと思いますが…
逆に、私の場合は、英語のみ。ほとんど日本語と関わらない環境ですよね。
にも関わらず、
家族でも無い人から日本語を教えろって何度も言われると、ストレスやプレッシャーを感じます。
返って余計なお世話なんだけど…みたいな(汗)。
だから、santanaさんの気持ちが分かります。状況は正反対だけど、あれこれ言われることに対して。
santanaさんのように聞き流したり、適当に相槌を打つ?そんで受け流す?
それが一番かしこい方法かもしれません。
真っ向から反論したところで、相手が「常に自分が正しいと思ってるタイプ」の場合、
絶対に上から被せてくるし、こっちの意見に耳を貸さないので、返って面倒くさいことになりそう。
でも、一言、「日本語の本を読んでます」とか「後から教えるつもりです」とか言えば、
それに納得して、それ以上つっこんで来ないんですよね。
なんでアンタに納得してもらうために、私が気を使わないといけないのかしら!?みたいな(苦笑)。
[ 2009/03/12 21:32 ] [ 編集 ]
>ぶっしゅさん
無神経な意見なんて、とんでもない!
ぶっしゅさんの意見に同感だし、分かってもらえて嬉しかった♪
どうもありがとう。

日本語は個人の選択によって選ばれる言語…
うーん、なるほど。言われて見れば、その通り。さすが、ぶっしゅさん。
日本語に興味があるとか、生活や仕事の上で必要だとか、そういう理由があれば別だけどさ、
そうじゃない人にとっては「どうしても話せないと困る言語」じゃないよね。
私も、ハナちゃんが生まれる前は、
ぜひともバイリンガルなってもらって、英語の難しい書類とか、私じゃ良く分からないもの?
を通訳してくれ!とか思ったもんだけど、
そんなに簡単な問題じゃなかったのよね、これが。
中には、アメリカ人か日本人か選ぶ権利があるのに、英語と日本語を学べる機会があるのに、
それを親の考えで潰すつもり!?と言う意見もあると思う。反対しない。
でも、ぶっしゅさんが言うように、
ハナちゃんが日本語を学びたいなら、後から幾らでも学ぶ機会があるので、
本人が希望してから教えても遅くないと思うし、
ハナちゃんが日本人として日本で暮らしたいと言うなら(その可能性は限りなく低いと思うが・苦笑)、
後から自分で手続きすることも出来るんだよな、と思ったことはあるかなぁ~。

そうなの、分かって貰えて、すんごい嬉しい。
中には怠惰な母親だと思う人がいるかもしれないけど、
子育てするだけで結構なパワーを使うのに、それが異国で、近くに頼れる家族が居なくて、
メインじゃない英語で…
そのうえ日本語も!なんてことになったら、さすがの私もストレス溜まるっちゅうの。
うん、ウォさんは日本語が分からないし、生活圏はアメリカなので、
先に英語を覚えて欲しいと言うのがあるみたい。
そうそう、だから、ハナちゃんが日本語をマスターしたら、ウォだけ分からないことになるんだよね。
「そしたら旦那の前で悪口を言っても分からないじゃん」と言った人もいるけどi-229

まぁ、人それぞれ色んな意見があるからさ、自分達で決めた道を進めば良いと言うか、
もちろん1つの意見として参考にするし、頭から無視することはしないけど、
反対意見の人がいて、あれこれ言われても、気にしなきゃ良いことなんだよね。がんばりやす。
ほんとにコメントありがとう。嬉しかった。
[ 2009/03/13 00:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。