2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

友達・その②

当初の予定では、日曜日にアメリカを発ち、今頃イタリアに居るはずなんだけど…
ビザの方、相変わらず、全く動きがありません
ワシントンDCにある機関の担当女性は、先週の火曜日に書類一式を送り返すって言ったのに、
もうすぐ1週間になりますけど?いつになったら手元に来るのかしら?
こっちの担当者の話だと、電話をかけても出ないそうです。何それ。病欠?旅行中?
基地もそうだけど、担当者が一人って言うのがおかしいんだって。
その人に何かあったら誰も代わりにならないの?戻るまで待つしかないの?
担当の人が自分のボスから連絡いれさせるって言ってたけど、
ボスが出張ったところで向こうが電話に出ないなら同じことじゃない?何が違うのだろうか?
ウォは、担当女性が電話に出ないせいで捕まらないなら、
直接ワシントンDCまで行って手渡しで返してもらうしかないのでは、と。
全く同感だけど…。そこまでしてくれないだろうなぁ~。
いや、担当女性が電話に出ないのも、書類を返送してくれないのも、向こうがオカシイのであって、
こっちの担当者のせいじゃない。彼に文句を言っても仕方ない。
良く分かってるつもりだけど…。
そこを何とかするのが腕の見せどころ?彼の仕事の一部じゃない?と、考えてしまうのでした。
「電話をかけても出ません。書類が戻って来ません。」で、
これと言った手を打たず(手があれば…の話だけど・汗)、私達の移動が何週間も伸びてしまうなら、
さすがにアヴィアーノ空軍基地の上席者も何か言い始めるんじゃないかなぁ~。

そして銀行の方、まだ直ってません。
でも、ダブルチャージのせいで払えなかった(銀行が立て替えした)カーショップの分、
銀行から手数料として35ドル請求されたけど、それは直ってました。

日曜日。
ウィリー&フランが荷物を運び終え、私達の家で暮らし始めたんですが、
まだ私たち宛の手紙がポストに配達されるので、溜まってる分を受け取りに行きました。
その前にポランコファミリーの家に寄ると、旦那さん&子供達が大工仕事中…
tn_2009.2.1 020  tn_2009.2.1 024
素敵なツリーハウスになりそうですね
うちに余ってる木辺がたくさんあって、旦那さんに「いるかい?」って聞いて、譲ったんだけど、
ツリーハウスを作ることにしたんだ!こりゃ楽しみ♪
tn_2009.2.1 021  tn_2009.2.1 022
旦那さんと(この2人はウマが合うみたいでした)。ハナちゃんは4人目の子供かな(笑)。
tn_2009.2.1 025
こちらはレンターのウィリー。私達の家を気に入ってくれたようです。
「片付け作業で汚れるから、綺麗に掃除しなくて良いよ、心配しないでね」と言ってくれ、
精神的に助かりました。
うちは土足厳禁だったので、普通の家よりカーペットが汚れてないんでしょう、
「それが一番良い」って。喜んでもらえて私達も嬉しいです。
奥さんのフランが中に招いてくれたんですが、
アンティークの家具やカントリー風のデコレーションで綺麗にまとめられ、とても素敵でした。
私達もねぇ、こういうのに憧れるんだけどねぇ、
2人とも趣味が悪い…ワケじゃないと思うんだけど…こういう家にならなくて(苦笑)。
tn_2009.2.1 014  tn_2009.2.1 016  tn_2009.2.1 019
こちらは朝の話。散歩中に別のハウスキーパーさんを見つけました。
右から、ミス・マギー、ミス・バーサ、ミス・ジャネット。中でも、ミス・ジャネットは、特別な人です。
新人の時、一から仕事を教えてくれたのが、彼女でした。
英語が不自由だった私に、
「分からないことは分かるまで聞いて。何度おなじことを聞かれても何度でも答えるから。」
と言ってくれました。
彼女は、17歳と19歳の時に子供を産んだ人なので、
当時まだ46歳と言う若さだったけど、私と同じ歳の娘さんがいたのです。
それを知って、彼女も親近感が沸いたみたいで、
仕事を辞めた後も何度か連絡をくれ、会うたびに「I love you,sugar!」と…。
私にとって一番大事な人でした。

こちら↓は、お気に入りの韓国レストラン「NARITA」のオーナーと奥様です。
ブルコギが美味しくてさぁ~。
他のレストランと違って食べきれる量だし、値段も安いし、
私が同じアジア人なので、親近感が沸いたのかしら、お店の人と言うより友達みたいでした。
行く度ににハナちゃんと遊んでくれるので、ハナちゃんも良く懐いてました。
とてもお世話になったので、ハートの瓶に入ったポプリ、
ハナちゃんとドビーの写真、ハナちゃんがあれこれ描いたカードを渡したら、
めっちゃ喜んでくれて、さっそく店のあちこちに置いて飾ってくれたんです。嬉しかったです。
tn_Narita 001  tn_Narita 002  tn_Narita 004
オーナーのディビッドさん&奥さんのアナさん。
ハナちゃんは白米と味噌汁が大好きで、いつも子供用のお皿に入れて持って来てくれました。
オーナーが忙しくない時は、ハナちゃんを膝の上に乗せて、
お店に置いてあるミントキャンディー(口の中で溶けるヤツ)を食べさせてくれました。
ハナちゃんの中では、
「ミスターディビッド=ライスマン、キャンディーをくれる人・遊んでくれる人」だったよね(笑)。
いつ来店しても、変わらない笑顔と美味しい食事。
決して期待を裏切られることが無い数少ないレストランの1つでした。
月3.4回のペースで通ってたもんなぁ~。
イタリアに行っても美味しい韓国料理があるだろうか。もう会えなくなるかも!?と思うと寂しいです。
私達にとって彼らも大事な存在でした。
[ 2009/02/03 13:10 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)
それにしても…
その書類を送るのに、一体どんだけ時間がかかってるんだ?って感じ(涙)
担当者が一人って、かなりキツイですねi-195
どんでも、素早く対応してくれ!ですよね。。。

ジャネットさんのお話読んで、胸がジーンときちゃいました。
素敵な関係だなってi-228

ハラメグさんのブログ、後々ハナちゃんが読んだら、小さな頃こんなことがあったんだ、マミーはこんな風に思ってたんだなぁ、、、っていい思い出の作品になりそうですね!!i-236 
[ 2009/02/04 07:10 ] [ 編集 ]
>マーチさん
絶対ねぇ、書類を送り返してないと思うんだよねっ。
何があるにしても、電話に出て説明すれば良いことじゃない?
無視こいてるのか、出られない理由があるのか、
出られない状態にあるなら、書類が溜まっていく一方なんだからさ、
別の人間がやれよって感じe-442
でも、基地の担当者も同じようなもんか(苦笑)。これだから政府関係は…
日本の役所も決して親切な対応じゃないよね。
不親切でも?うちらは他に変えることが出来ないし?
このやろ!とか思いつつ、同じところに行くしかないっちゅうか…

ジャネットは本当に素敵な人でした。
彼女だけじゃなくて、
マーチさんを含め、私を大事に思ってくれる人が居て、
恵まれてるな、と思います。

そうそう、ハナちゃんの成長アルバムを兼ねて、
いろんなことを記録に残したいと思ってるんだ。日記と言うか思い出。
いつかハナちゃんと一緒に見ることが出来たら、
楽しいだろうね♪あ、でも、ハナちゃん、日本語が読めないやe-350
[ 2009/02/04 13:33 ] [ 編集 ]
これは・・・
マジで?心配・・・v-404
自分に当てはめてみて事を進めて欲しいなぁ・・・
自分に降りかかってきたら?こんなのんびりしてないはず・・・

わぁ~~ぁ、
ツリーハウスv-352凄い!!
器用な人ってうらやましいぃ~~e-266
ちゃんとリサイクルしてくれるなんて~(^_-)-☆

ハラメグちゃんの周りの人たち、お世話になった人たち・・・
旦那さんも含めて、みんな笑顔がいい!!
心が顔に出るんだよね~★
みんなハラメグちゃんと旦那様が素敵なファミリーだからですよ~e-420
きっとイタリアに行っても?磁石のようにそばに寄って来るんだと思う・・
引っ越しの方は、神様がちょっとの間みんなと過ごせるようにと?計らいだよ・・・・v-410
[ 2009/02/05 06:34 ] [ 編集 ]
>うさぎさん
書類一式の返送について、
嫌な形で新しい動きがあった上、未だパスポートの無事が不明i-195
もう少しハッキリしてからブログに書きます。

ポランコの旦那さん、以前もツリーハウスを造ったことがあるんですよ。
でも、近所の男の子がハシゴを壊してしまい…
イタリアに行く前に完成すると思うので楽しみです。また写真を撮って来ます。
ウォさんも自分で造ろうとしたんですが、面倒くさくて断念…
日曜大工が出来る旦那って素晴らしいですよね。私は全くダメなんでi-201

ウォさんとしては一日でも早くイタリアに行きたいし、
かれこれ1年以上かな、このポジションに新しい人が来るのを待ってたみたいで、
アヴィアノの方が、早く来て欲しくて仕方ないみたいなんですが、
遅れたことで友達を過ごす時間が増えたし、
逆に、イタリアに着いた時、すでに私達の荷物が到着してるんじゃないかと思うんですよね。
そしたら、家さえ決めてしまえば、すぐ移動できる。
向こうでのホテル生活が少なくなる。悪いことばかりじゃないですよね。
またスクアドルンのDeputyがウォの同期でなんです。
同じクラスに座って講習を受け、酔っ払った彼を家に連れ帰った思い出があるとかi-278
だから、Deputyも、早くウォに会いたいみたいです。

ほんと、おっしゃるとおりです。
アメリカの人って写真を撮る時の笑顔が良いですよね。
最初は嫌だと思ったNCの生活も、
素敵な笑顔をくれる素敵な友達のおかげで楽しいものになりました。
イタリアも楽しみです(行ければ良いんだけど・汗)。
[ 2009/02/05 11:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。