2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水族館&観光

いつだったかハッキリ覚えてないんですが、平日の話です。
Speyer水族館に行くなら週末は避けた方が良いと学習したので、事前に天気の良い日を調べて、
ウォに休みを取ってもらったのでした。
でも、水族館の規模を見るに当たり「30分くらいで見終わるだろう」と言う予想が付いたので、
ウォがゲットした情報に基づいて、
水族館の側にあるガーデンでピクニックをしてから敷地内にある大聖堂を見学しよう、
と言う計画を立てました。
たとえ水族館が思った以上にショボカッタとしても、
それ以外の場所を計画に入れておけば損した気分にならないですから。えっへん。
さて、さほど期待せずに挑んだ水族館、
やっぱり平日に来て正解でした。ぜんぜん混んでませんでした。
でも学校が終わる時間になると子供達がワイワイなだれ込んでくるため、間違いなく午前中の方がオススメ。
ほんとに30分くらいで見終わるサイズで、
中でも割と大きい部類に入ると言える生き物がサメ・ウミガメ・ワニだもの。
タッチングプープの中身は貝やサンゴ礁だしさ。
TXだったかNCだったか、そこのタッチングプールなんてカブトガニやエイだったのにな。
もちろん海獣も居ないし海獣によるショーも無いし。
と散々文句たれておいてなんですが、5歳児を連れて遊びに行くには充分だと思いました。
私達も楽しめたし、サメに関する展示物(特にサメの卵)が印象的だったし。
水族館の後は、当初の予定どおり、すぐ側にあるガーデンに移動してピクニック。
そして敷地内にある大聖堂を見学しました。
部屋が沢山あって、地下に眠る王様の棺を見せて頂いて(有料)、
この大きさの大聖堂は初めてなんじゃないかと思います。貴重な経験が出来て良かったです。
またガーデンの広さにビックリ。
大聖堂の他、
歴史的建造物の一部らしき物・様々な像・噴水・キッズプレイエリア・レストラン&カフェなど、
ぜんぶ見切られず。
半日くらいかけてマッタリするつもりで、ガーデンだけ楽しむように計画した方が良いかもしれません。
また行ってみたいなぁ~♪
tn_DSC00552.jpg  tn_DSC00551.jpg  tn_DSC00550.jpg  tn_DSC00558.jpg
(1)入口付近。 (2)館内。 (3)タッチングプール。 (4)立ち泳ぎするエイ。
tn_DSC00574.jpg
人前に出て来るのが珍しいと言うウミガメ。昼寝中のサメ。
tn_DSC00552.jpg  tn_DSC00553.jpg  tn_DSC00582.jpg  tn_DSC00581.jpg
(1~2)砂や草と同化中。 (3)かわええ。特に手が。 (4)ハナちゃんと同じ5歳児。
tn_DSC00587.jpg  tn_DSC00590.jpg
(1)ちょっとしたクルーズを楽しめそう。 (2)館外の公園で遊ぶウォとハナちゃん。
tn_DSC00591.jpg  tn_DSC00592.jpg  tn_DSC00593.jpg  tn_DSC00594.jpg
水族館の後はガーデンにてピクニック。ガーデンに通じる道(実は水族館の目の前)を発見。
tn_DSC00600.jpg  tn_DSC00604.jpg  tn_DSC00606.jpg  tn_DSC00602.jpg
(1)大聖堂の一部。 (2)塔みたいな建物の一部。 (4)噴水。 (3)記念撮影。 
tn_DSC00608.jpg
大聖堂の反対側。
tn_DSC00610.jpg  tn_DSC00614.jpg  tn_DSC00612.jpg  tn_DSC00674.jpg
大聖堂の壁や周辺の様子。
tn_DSC00634.jpg  tn_DSC00619.jpg
さっそく中へ。地下の見学だけ有料(ウチの場合は大人2人で6ユーロ)。階段を降りた所に博物館あり。
tn_DSC00637.jpg  tn_DSC00626.jpg  tn_DSC00627.jpg  tn_DSC00631.jpg

tn_DSC00620.jpg  tn_DSC00621.jpg  tn_DSC00622.jpg  tn_DSC00623.jpg
王様の棺が置かれる場所。
tn_DSC00647.jpg  tn_DSC00648.jpg
2階の様子。
tn_DSC00649.jpg  tn_DSC00616.jpg  tn_DSC00617.jpg  tn_DSC00618.jpg
1階の様子。
tn_DSC00650.jpg  tn_DSC00651.jpg  tn_DSC00652.jpg  tn_DSC00657.jpg

tn_DSC00660.jpg
別室(左側)の様子。
tn_DSC00659.jpg  tn_DSC00661.jpg  tn_DSC00653.jpg  tn_DSC00663.jpg

tn_DSC00638.jpg
別室(右側・1階)の様子。
tn_DSC00639.jpg  tn_DSC00644.jpg  tn_DSC006411.jpg  tn_DSC00643.jpg
別室(右側・2階)の様子。
tn_DSC00640.jpg  tn_DSC00646.jpg

tn_DSC00666.jpg  tn_DSC00667.jpg  tn_DSC00670.jpg  tn_DSC00671.jpg
大聖堂の正面。
tn_DSC00678.jpg  tn_DSC00679.jpg  tn_DSC00683.jpg  tn_DSC00684.jpg
ガーデンの様子。最終的に塔みたいな建物の裏側に戻りました。もっとユックリしたかったです。
[ 2011/09/02 22:47 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。