2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RTT travel

日曜日の話です。基地の旅行会社のツアーに参加しました。
大抵のケースは夜中に出発して24時間すぎに戻ると言う強行スケジュール(だから格安)なのですが、
今回は集合時間が朝の6時半で戻り時間が夜の6時くらいだったので、
旅行にヨワイ私達でも何とかなるだろうと思って(笑)。
しかも当日は父の日です。Happy Father’s Dayの良いプレゼントになりました。
…後から取って付けた感が否めないけども
内容としては、
1)ワイン&クリスマスグッズを取り扱うギフトショップ→Stefan Kollmar
実はバス2台で行ったんですが、
城内が混み合うのを避けるため別々に見学しました。
私達は、別グループがお城に居る間、先にコチラのギフトショップに案内されました。
2)お城の見学→Burg Reichenstein
3)クルーズ&ランチ→Rossler
4)フリータイム(観光&買物)→Ruedesheim
と言う緩い感じ。これくらいで丁度いい。
個人的には、風邪で絶不調、すきっ腹で船に乗ったため途中で船酔い&頭痛、
6月なのに寒いし、雨が降ったり止んだりするし、
「料理以外の内容には満足だけど体調&天候に恵まれないツアーで少し残念」と言う印象が残りました。
また自分達で行ってみたいです。

tn_RTT 006
さっそくバスの中で朝ご飯を食べ始める(今回は本人の希望でオニギリ持参)ハナちゃん。

RTT 008
ギフトショップ(ウェブサイトはコチラです)の入口にて。
初めて飲んだアイスワインとフルーツ味のブランデーが美味しくて、即お買い上げです。
このセットで購入した客にはオマケとしてブランデー1本&木製のお皿を追加、
パパ全員に父の日と言うことでブーツの形をしたグラス、
色んな物を頂きました。
こちらもワイン&ブランデー2本で過去に例がないくらい結構な金額を出しましたが、
それだけの価値があると思うし、こうやって無料ギフトを用意されると嬉しくなっちゃいますね。
全部で100ユーロ近いんじゃないかな。得した気分。

<お城の見学>
tn_RTT 009  tn_RTT 010  tn_RTT 011  tn_RTT 041

tn_RTT 012  tn_RTT 040  tn_RTT 037  tn_RTT 036

tn_RTT 039  tn_RTT 038  tn_RTT 013

tn_RTT 035  tn_RTT 014  tn_RTT 034  tn_RTT 033

tn_RTT 015  tn_RTT 023

tn_RTT 016  tn_RTT 032  tn_RTT 027  tn_RTT 031

tn_RTT 028  tn_RTT 029  tn_RTT 030

tn_RTT 017  tn_RTT 018  tn_RTT 026  tn_RTT 025

tn_RTT 022  tn_RTT 020  tn_RTT 019  tn_RTT 021
現地のツアーガイドさんが説明して下さいました。
どうやら過去の城主は動物の角を集めるのが趣味だったようです。
あまり役に立たないウェブサイトはコチラになるんですが、
英語の説明はそんだけかいって感じだし、
お城のウェブサイトのリンクが載ってるけどドイツ語だし。
でもRTTから貰ったプリントによると、
11世紀に立てられたお城で過去3回くらい修復作業が施されたそうです。
4階&屋上だったんですが、
これだけ広くて、これだけ内装が美しくて、
お城らしいお城を見るのは初めての経験でした。感動しました。

<クルーズ&ランチ>
tn_RTT 042  tn_RTT 064  tn_RTT 073  tn_RTT 074

tn_RTT 044  tn_RTT 047  tn_RTT 059  RTT 075

tn_RTT 045  tn_RTT 051  tn_RTT 053  tn_RTT 057

tn_RTT 070  tn_RTT 071  tn_RTT 072 →見学したお城

tn_RTT 058  tn_RTT 060  tn_RTT 065  tn_RTT 077
写真の大半はウォが撮ったものです。
クルーズでランチって言うから、どんな素敵な船かと思いきや、
意外と小さい。そして食事がマズイ。
ちなみにライン川と言うのですがローレライで有名な場所らしいです。
川の両側に数え切れないくらいのお城が並んでました。

tn_RTT 079  tn_RTT 080
こちらは船を下りた後。ウォ撮影。
あちこちにあった人魚の1つと「ワンコは噴水禁止(ふつう遊ばせないだろ・笑)」の標識です。
歩いてる最中にオサレなレストランを何軒も見かけました。

<フリータイム>
tn_RTT 108  tn_RTT 085  tn_RTT 084  tn_RTT 086 

tn_RTT 087  tn_RTT 089  tn_RTT 091  tn_RTT 092

tn_RTT 104  tn_RTT 098  tn_RTT 103  tn_RTT 102

tn_RTT 099  tn_RTT 101

RTT 105  tn_RTT 106  tn_RTT 107  tn_RTT 109
散策したのはコチラの町?村?です。
1段目)RTTの方からケーブルカーのチケット(ツアー代金に含まれてたらしい)を頂いたので、
さっそく乗ってみました。
ちょっと寒かったけど、ケーブルカーから見下ろす景色の美しいこと。
2段目)いちばん有名だと思われるのが3枚目の「ニーダーヴァルト記念碑」らしいのですが、
残念ながら下の部分が工事中(修復作業かな)でメインの像しか見られませんでした。
3段目)ワイン博物館を発見。
各展示物に付いての細かい説明が録音された機械(なんと日本語あり)を貸してもらえるので、
非常にユニークだと思いました。
展示内容の大半がワイン醸造に使われた道具やワイングラス。
ウォとしては道具より方法に興味があって、それを見られると期待してたので、
少しガッカリ。
4段目)この博物館、ウィキペディアの説明を読んで後から知ったのですが、
「ライン渓谷中流上部(世界遺産)において最も古い城であるBromserburg」に併設されてるとのことで、
予想外のアドベンチャーを楽しんでしまいました。
確かに矢印が書いてあるけど…この窮屈な階段が本当に見学コースの一部なの!?
って疑問に思うような場所を通りましたから。
そんで最終的に辿りついたのが2枚目の右上に見えるガラス張りの四角いトコ。
天気が良かったら屋上からの景色を楽しめたと思うんですが、
こういう時に限って強風&大雨。即退散。
階段には鳩のフン、屋上の出口付近には何かが崩れた跡、
とにかく前に進むことに気を取られて写真どころじゃなかったので残念ながら記録ナシ。
すみまそん。
5段目)前半の2枚はDrosselgasse(つぐみ横丁)と言う有名な観光場所らしいのですが、
イタリアのベニスかと思うくらいの大混雑&バスの出発時刻が迫っており、
ゆっくり見られませんでした。
後半の2枚は至る所で見かけた日本語の案内、それだけ日本人観光客が多いと言うことでしょうか、
ドイツで日本語を目にするとは思わず何だか嬉しくなって思わず撮影しました。
[ 2011/06/22 15:01 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。