2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Burg Wilenstein

これはウチから20分くらいだったかな、
ウォが調べてくれたんですが、Ruin(廃屋)だと聞いたので、もちろんドビさんも一緒でした。
このお城は建物の一部しか残ってない状態なんです。
ウォ情報によると、土地を買った人がホステル(安いホテル)を建築したらしく、
門の隙間からチラッと見る事が出来たんですが、
お客さんとしてチェックインでもしないと中には入れないようでした。
しかも未だ営業してないし。
と言う訳で、あまり見る所が無かったんですが、
思い付きで始めたアドベンチャーの方が何倍も楽しかったです。
農家の牛や馬、
その周りに広がるウォーキングトレイル、
調子に乗って上に登りすぎた結果(ハナちゃんのせいです・笑)木を切る業者さんが使う道にぶつかり、
ウォのおかげでウォーキングトレイルに戻り、
やっと駐車場に辿り着いたのでした。
なんと彷徨うこと2時間…ながすぎっ!楽しかったけどメッチャ疲れたうえ4人とも筋肉痛なり

P3200071.jpg  P3200001.jpg  P3200002.jpg  P3200006.jpg
駐車場の向かい&上に通じる山道。
P3200014.jpg  P3200013.jpg  P3200011.jpg  P3200012.jpg
Ruin(廃屋)の様子です。4枚の鉄格子から中を覗くと話に聞いてたホステルが見えました。
P3200025.jpg  P3200028.jpg
やけにフレンドリーな牛と私達をガン見する馬。
P3200029.jpg  P3200031_20110330231936.jpg  P3200033.jpg
その下に広がる風景。
ウォに「どう見ても駐車場はコッチの方角でしょ」と言われ林の中へ。
さてさて駐車場に繋がるのかしら。
P3200035.jpg
道路を渡ると素敵な看板を発見。
こういう場所を見つけると入らずにいられないカルーソー探検隊。
アメリカのステイツパークみたいかも。
P3200037.jpg  P3200038.jpg  P3200039.jpg
次は下の方だけ歩きましょう。
けっこうな勢いで彷徨う事になるし、後から筋肉痛だし、楽しいけど大変ですから。
ちなみに、ドビさんのリーシュを持ったのは私、
けっこう急な坂なんだけど、いとも簡単にチャッチャと進んでしまうので、
「ドビー!スローダウン!」言いながら途中で休むと、
「…なぜ???」ってな感じで、小首をかしげつつ、体勢を整えるのを待ってくれました。
根性なくてスマン。四足歩行がウラヤマシイ。
P3200041.jpg  P3200042.jpg  P3200044.jpg
木を切る業者さんが使う道。
P3200047.jpg  P3200050.jpg  P3200057.jpg
ウォーキングトレイル。
P3200052.jpg  P3200053.jpg  P3200054.jpg  P3200056.jpg
カエルの卵だの、氷だの、いろいろ見つけちゃいました。
P3200059.jpg 
やっと知ってる場所(駐車場の反対側なんだけど)に辿り着いてホッと一安心。
P3200064.jpg  P3200065.jpg  P3200066.jpg  P3200073.jpg
ホテルの裏側に池がありました。今度は白鳥とアヒルの為にパン持参です。
駐車場にあったクラシックカー(何だか良く分からないもカッコイイ)&お疲れモードのドビさん。
ハナちゃんも2時間ずっと歩き続け、良く頑張りました。偉かったです。
[ 2011/03/30 06:22 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。