2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PCS関係(ラムシュタイン)・その⑦

出発日が日曜日に変更になり、心配事が1つ増えました。
それはドビちゃんの健康診断書(有効期間は10日間のみ)。3日付なんだよね。かなり微妙。
翌日から数えたら10日になるけど、当日から数えたら期限が切れちゃう。
いちばんの問題は誰に聞いても明確な答えが返って来ない事です。
空港は「たぶん大丈夫だと思う」と言い、基地の動物病院は「ハッキリ分からない」と言う。
でも、ロベレードにある動物病院(獣医さんがアメリカ人)に電話したところ、
「ヨーロッパ圏内から出る訳じゃないから健康診断書は要らない。パスポートだけで良い。」と言うのです。
しかも、
「パスポートを持って来てくれたら、こちらで内容をチェックして、必要事項を記入します。」
なんておっさるじゃありませんか。
金曜日の話ですが、パスポートの下記の部分に、
The Animal is in good health and able to withstand carriage to its destination
日付を入れ、動物病院のスタンプを押して、終了。
また1つ勉強になったかも…なんてポジティブに考えられるようになるまで超イライラしたけど

Dr. Ronald Levine
Via Friuli, 11
33080 Roveredo In Piano (PN)
0434-949696
[ 2011/02/12 06:54 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。