2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PCS関係(ラムシュタイン)・その⑥

月曜日にFMO(基地から借りた電化製品や収納グッズを回収する部署)と大家が来ました。
FMOの方は大丈夫だったけど、大家の方が面倒で。
私達がオカシイと感じたのは次の2点。
1)なぜ2月2日に家を出たのに2月分の家賃を払うのか。
2)最初に前金を払ってるんだから、それを修理代として使うべきじゃないか。
足りない分があれば勿論こちらが負担するが、
前金を2月の家賃に当てた上で、修理代を請求するのは間違ってるんじゃないか。
翌日、ハウジングオフィスの担当者(イタリア人)に相談したら、
1)アメリカ人に対して解約する月の家賃を請求することは出来ない。
2)前金を家賃の支払いに当てることは遺法である。
との返答。
担当して下さった女性が大家に電話を入れ、上の2点に付いて激しく追及したところ、
かなりオタオタしたらしいので、向こうもルール違反だと知ってたみたいです。
とりあえずダメモトってヤツでしょ。
ダメならダメで諦めるけど、もしかしたらハウジングオフィスに確認しないで払うかもしれないから、
とりあえず請求しとけって感じでしょ。
アホですよね
イタリアを出る時に大家と揉めるって話は決して珍しくないようですが、
ここまでエゲツナイと怒りを通り越して呆れちゃう。
結局、もちろん前金は返って来ないけど、修理代の一部を請求されて終わったので、
ホッと一安心。
前金を修理代に当て、その差額を払って、書類にサインして、やっと終了。
これが正しい形だと思うので納得。
でも、大家に関しては、悪いことばかりじゃなくて、
私が心配してたほど、細かい部分を気にしないって言うかな、ラッキーだったと思います。
あんなに頑張って掃除しなくても良かったんじゃ!?
と疑問に思うくらい家が綺麗かどうかってのはスルーされたみたいだし、
指摘されたダメージ箇所も、身に覚えがある上、誰が見ても絶対に目に入る傷ばかりなので、
さほどウルサイことを言われずに終わり、その点は良かったです。

もう1つのトラブルは出発日。
なんとラムスタインの担当者から電話が入り、11日に移動できないと言われちゃったのです。
異動通知が13日だから、その前はダメなんだって。
もっと早く言って欲しかったけど、
転勤する人が多ければ、気付くのが遅くなると思うので、仕方ないかな。
次のAMCフライトは恐らく来週の水曜日なのですが、ドビーの健康診断の期限が切れてしまう上、
取り直すとなると、今週と来週は基地に獣医さんが居ないため、
パスポートを作ってくれた事務所(火曜日と木曜日の朝)まで行くはめになるので、
日曜日に民間機(ベニス~フランクフルト)を使い移動することになりました。
基地⇔空港の移動は、ジョージ&基地から出るシャトルバスにお願いすることになるようです。
[ 2011/02/10 07:41 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。