2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハナちゃんのプレスクール(2010~2011)・その②

12月10日の話なんですが、保護者面談に参加し、ハナちゃんの様子を聞かせて頂きました。
プレスクールのルールに従いながらアクティビティを楽しんでる。
玩具などをシェアしながら同じクラスに居る全員と仲良く遊ぶことができる。
全く問題ありません、とのことでした。
去年はグレイシーと色々あって、やっぱり今学期も最初のウチだけ少し揉めたんですが、
プレスクールと家庭の双方から、
「口喧嘩を始める前に引け」ってなことを言い続けた効果があったのでしょう、
途中から大丈夫でした。
お互いに別の遊び友達ができたことで、前ほどベッタリせず適度な距離感が作られたので、
それが良かったのかもしれません。
でも、やっとグレイシーの話を聞かなくなったと思いきや、
今度は別の友達の話題(ネガティブ系・苦笑)が頻繁に登場するようになり、
仲良く遊んでるものかどうか心配してたんですが、
先生いわく「好きな事が似かよってるので良く一緒に居ますよ」と言う話なので、
取り越し苦労だったようです。
ハナちゃんが特に得意とするのが「工作」と「ごっこ遊び」で、
「絵を描きながらストーリーを作る(少し前から始めた行動)のがスゴイ」と褒めて頂き、
「まとまりの無い男の子3人に指示を出しつつ、
キッチンセットを使ってクッキー100枚くらい焼いたのが可愛かった」と言うエピソードまで飛び出し、
ハナちゃんの様子が伝わって来ました。
新しい友達が入って来たら、ハナちゃんに「ルールを教えてあげて」と頼む事もあると聞き、
嬉しく感じました。
ただ、他の友達が決められた通りに行動しないと許せないのか、
いちいち口を出してしまう所があるので、
「ちゃんと先生が見てるから大丈夫よ」と説明してるみたいです。
これは私自身も気付いており、
一時期「その子の両親に任せなさい」と注意しなきゃいけない事が続いたんですけど、
少しずつ改善されてると聞いて安心しました。
子供達を良く見てくれる良い先生で感謝してます。このプログラムに参加できて良かったです。
[ 2010/12/24 06:34 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。