2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Inception

inception_movie_poster.jpg 
 と言うレオナルド・ディカプリオ主演の映画を観ました。
 映画の内容に関する情報を知りたくない方は続きを読まないで下さいね。
 って注意書するほど大層な事は書けないと思いますが(笑)。

ワタクシ、会社勤めしてた時は映画鑑賞が趣味でした。週15本近く映画館で新作を観てました。
よくよく考えるとスゴイ出費(笑)。
しかも、映画好きが高じて、英会話を習い始めたくらいです。
プラス、会社の先輩から、
「数ヶ月前までブラッド・ピットの認識もイマイチだったのに、ここまで詳しくなるとは。」
と退職するまで言われた続けたもんです。
ハナちゃんが生まれてから少し遠ざかってたんですが、
なんせウォの職場はITオタクの集まり…
合法なんだか違法なんだか知らないけど、映画を最良にダウンロードしてはコピーさせてくれるので、
また観る機会が増えました。

1280-800-85182.jpg
 オフィシャルサイト
 ウキペディア
 映画「インセプション」徹底解説サイト

もちろんInceptionの他にも記憶に強く残ってる面白い映画が沢山あるんだけど、
内容に付いて徹底解析されたウェブサイトを読まないと、
全く理解できない(のは私がアホだから悪いのか・笑)映画なんて、久しぶりだっちゅうの!
と言う訳で、呟いてみたい気分になったので、あれこれ書こうと思います。
1)対象が潜在意識って言う発想
他人の潜在意識に入ってアイディアを盗んだり。逆にアイディアを植え付けたり。
そういう映画は過去にもあったような気がするんですが、
Inceptionの場合は潜在意識から別の潜在意識に入るため何段階にも分かれてる、
と言うのが新しいなぁ~と思いました。
2)渡辺謙さんの活躍
今やハリウッドスターの一員ですよね。英語も上手だし。
3)アーサー
基本的に冷静沈着で感情を表に出さない喋り方をする人なんだけど、
いざミッションが始まった時の豪快な動きとか、
アリアドネをサクッと誘導してキスしたうえ(その必要は全く無かったのに・笑)、
「いや~。試してみる価値はあったな~。はは~。」くらいの勢いで意外とお茶目なところとか、
良い感じでツボに入りました。

さらに、事前に細かく内容をチェックしてから、もう一度Inceptionを観てみました。
1)ロバートと父親
「自分は父に愛されてた」とポジティブに変更されることで、人生が大きく変わると思うので、
今回の標的になって良かったんじゃなかろうか。
2)モルとコブ
彼女の思う現実に戻るために自殺した妻と、
罪悪感に苦しみながらも(アリアドネの助けがあってこそだけど)、
自分の言葉でモルを否定して彼女の元を去った夫。
彼も、また、このミッションを通してネガティブな物から解放された一人なんだろうな。
そう考えるとアリアドネってスゴイ。彼を許すために存在したみたい。
4)イームス
最初はノーマークだったけど、彼も良い味だしてると思います。
アーサーと正反対かも。
普段はチャラチャラしてるイメージが強いけど、実は良い人だし、ミッションに対して真面目だし、
なんだか熱い人。
仲が良いんだか悪いんだか良く分からないアーサーとの絡みが面白かったです。

そして、やっぱり気になるのがラストシーン。観る人に委ねられるような作りなんですよね。
ネットで調べたところ、いろんな解釈があるみたいですが、私は改めてハッピーエンドだと思いたいな。
この映画の根本にある「潜在意識の操作」と言う斬新な発想より、
それに伴う不思議な世界観や劇中で繰り広げられる激しいアクション映像より、
もしかしたら登場人物の心理理描写の方大事なのかも。そう考えると色んな意味で奥が深いや。
[ 2010/11/13 21:38 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。