2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インビサライン・その⑤

歯列は良い感じで真っ直ぐになったけど、抜歯した隙間が(先生が思い描いた通りに)埋まらない。
そこで、インビサラインを2つに切り、突起を大きくし、輪ゴムを掛けて引っ張ると言う、
先生のオリジナルプランを試すこと数ヶ月…
おかげさまで下の隙間は割と綺麗に埋まったんですが、上の方が上手くいかないんですよね。
私としては、
隙間が有ると言っても見える場所じゃないし、
かなり良い歳になってから矯正を始めたにも関わらず、ここまで揃えば上出来だと思うので、
現時点で充分ハッピーなんですけど、
完璧を目指す先生としては、他に良い手がないものか、もう少し隙間を埋めることが出来ないか、
いっしょうけんめい考えて下さった(下さるところが好き)結果、
上の歯列の左右に留め金みたいな物を1個ずつ貼り付け、透明の糸を端から端まで張ると言う物です。
ワイヤーと同じような働きをするんじゃないかと思います。
そのせいかアメリカで矯正を始めたばかりの時みたいに常に痛いんだけど、
全部の歯に留め金が付いてる訳じゃないので、とにかく歯を掃除するのが楽で良いです。
下の歯列は、現状を維持するために、
インビサライン2ピースと輪ゴムを続けるよう言われました。
少しでも隙間が埋まるでしょうか。埋まると良いな。
今更だけど歯列を真っ直ぐに正す作業より抜歯後の処理の方が難しいなんて。先生の挑戦は続く。
[ 2010/11/12 16:38 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。