2010 081234567891011121314151617181920212223242526272829302010 10
月別アーカイブ  [ 2010年09月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tattoo

phoenix-bird-stencil.jpg  2010.9.27 004
詳しい理由は長くなっちゃうので後から書きますが、ついに念願のタトゥーを入れてもらいました。
フェニックスを選んだ理由は、
「数百年に1回の割合で自ら炎に飛び込んで一生を終わらせ、灰の中から幼鳥として蘇る。」
鳥だと思うんですけど、
その「過去と決別して再出発する」みたいな意味合いが今の心境に似てたからです。
「ハナちゃんの名前+桜のフラワーリース」と言う案も有ったんですが、私の性格を考えると、
女の子チックなタトゥーを入れても絶対に合わないし、むしろゴツイ方が良いので、
最終的にフェニックスに決めたのでした。
友達に紹介されたTATTOO CREW AVIANO(グレイモール)まで予約を取りに行ったんですが、
元ネタになった1枚目の画像(これはネットで見つけました)を持参して、
ただの円じゃなくてハートの形にして欲しいとか、
鳥は黒で炎は水色(赤系だと普通でツマラナイし私は青系が好き)にして欲しいとか、
こちらの希望を伝えたところ、こんなデザインを考えて彫ってくれました。
友達から話を聞いてたし、マイスペースを通して彼の作品を見たので、腕の方は信用してましたが、
正に私が頭に思い描いた通り、イヤそれ以上、大満足。
細かい部分は彼流ですが、
ボトムラインは原案に忠実(もっと大幅に変えられるかと思ってたんですよね)だったので、
それも良かったな~。
タトゥーアーティストのオニーサン(日本が大好きでフレンドリーで素敵な方でした)も、
フェニックスと言えば赤・黄色・オレンジを使うものだけど、青い炎は初めてだよ、良いアイディアだね、
と言って今回の作品を気に入ったようでした。
ちなみに予約を取る時に所要時間とコストを教えてくれます。前金として20ユーロが必要です。
私の場合は2時間で160ユーロでした。
痛いっちゃあ痛いけど、耐えられない程の痛みじゃないって言うか、慣れちゃえば平気って言うか、
その痛みが逆に気持ち良いとか思ってる自分にマゾの気を感じました(笑)。
スポンサーサイト
[ 2010/09/28 06:22 ] ハラメグ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。