2009 081234567891011121314151617181920212223242526272829302009 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハナちゃんのプレスクール(2009~2010)・その①

ここのCDCには3~5歳児を対象としたプレスクール(Enrichment Program)があるんですが、
いかんせん気付いたのが遅かったため、登録の時期を逃してしまい、
ウェイティング(キャンセル待ち)リストの2番目に名前を載せて貰うことになったんですよね。
なんと向こうから連絡が来るまでプレスクールのことを忘れてた私達…
ありがたいことにハナちゃんが火曜日と木曜日のクラスに入学できることになりました♪
来年は自動的に月・水・金のクラス、それが終わると幼稚園、言う流れです。
今月の3日に説明会があって参加して来たんですが、子供達の心身的な負担を考えてのことでしょう、
まず子供達を2つのグループに分け、
最初の2週間は週1日(ハナちゃんは木曜日)のみ、22日の火曜日に子供達全員(23人)が揃い、
そこから週2日ずつになるそうです。

さて、初日(先週の木曜日)はどうだったかと言うと、さすがCDCに慣れてるだけあって、
他所に預ける配はなかったけど、帰る時に「ティーナ先生と同じような内容」の報告を受けました。
ハナちゃんの問題点は、
1回で言うことを聞かない、上手に片付け出来ない、自分で○○するって決めたがる。
ほんとに自我が強い。これは年齢だけじゃなくて性格もあるんだろうな。
ウォは、まだ3歳だし、一定のスケジュールに従うスクール自体が初めてなんだから、
最初から上手く出来る訳ないじゃん(全くだ)、と。
先生も「何度も同じことを言わなきゃならないですが最終的に言うことを聞きます。彼女も努力してます。
スクールと家庭で頑張りましょう」と言われました。さすがプロ。
前より意識してタイムアウト&片付けの部分を強化してるんですが、どうなることやら。
基本的にタイムアウトを使わない方針らしいので、
言うこと聞かなくてもママみたいにガッツリ怒られないもん!って人を見てるとか?
私は「うちでダメでも他所で良い子に出来るなら逆パターンより良いか」と思ったりするけど、
昨年のファミリーケアでは、
預かって貰ってる間は基本的に「お利口さん」だったのになぁ~。
プレスクール以外の日でCDCに空きが有れば、
今まで通りパートタイムで預けてるんですが、何か言われるとしたら食事面のみ。
いつもの先生はランチの時間になっても食べないことが多いのを知ってるので(好き嫌いが激しい)、
ハナちゃんが自分からモリモリ食べた日は、私が聞く前に教えてくれるくらいで。
何度か新しい部屋に入ることを経験してますが、
嫌がってグズることはあっても、言うことを聞かないってのは初めてのことで。
やっぱり、先週の木曜日は、
初めてのスクール、教室、先生、お友達、細かいスケジュール、見たことないオモチャや工作グッズなど、
何もかも新鮮で興奮したんだろうか…
そんで○○したい!って言う気持ちが先行したとか?
あと、同じCDCでも、ただ預かるだけの部屋と何かを教える教室ではハードルが違うのかも。
ハナちゃんが以前から通ってる部屋も、本人いわく、
外遊び、室内遊び、クラフト、読み聞せ、と言うように分かれるみたいなんですが、
でも、学校じゃあないから、プレスクールと内容が違うハズ。
つまりデイケアレベルなら問題ないけど、
学校レベルなら(まだ始まったばかりだし3歳だから当たり前とは言え)修行が必要だと。そういうことかも。
これからですよね、これから。
私達の言うことを1回で聞かず苦労してるんだから、急に学校で違うことは出来ないと思うし。

ハナちゃんがデイケアに通い始めたのが14ヶ月の頃なんですが、
(そんなに大きな問題じゃないけど)他の何も無い子供達に比べたら常に何かしらあったんですよね。
時間が経てば忘れちゃうけど、当時は悩んだもんです。
7ヶ月の頃から人見知りが始まり、ドコに行っても泣く、誰に会わせても泣く、
だから早いうちに別離を経験させようと思ってデイケアに連れて行くようになったんですが、
慣れるまで3ヶ月間も泣き続け、それが落ち着いたと思ったら噛み癖が始まり、
デイケアに対する不信感(これは後日)から、基地のファミリーケアに変えたら噛まなくなったけど、
「共有」や「先生の言うことを聞く」面で一悶着あり、
やっと上手に「共有」できるようになったと思いきや、今度は後半部分で戦うことになりそう。
何って言うの、ハナちゃんが悪いわけじゃないんだけど、
世の中には、(母親から聞いた話だけど)自分がそうだったように、
ダメって言われたら止める、動くなって言われたら動かない、
聞き分けが良くて、手の掛からない楽な子供がいるのに、なんでハナちゃんは正反対なんだろう。
いくら「そういう年齢だから」って言われても、私が知ってる大半の子供達は、
クラスの友達を噛まなかったし、スクールでも行儀良く出来るのに、なんでハナちゃんはダメなんだろう。
でも、それはハナちゃんの個性かもしれません。

最近よく思うのが、
子供は親のコピーじゃないし、好きなようにコントロール出来るロボットじゃない、と言うこと。
もっとも私が求めることなんて、
「外で良い子にして」と言う程度のものですが、自分が思ってる通りにならないものです。
でも、それは、ハナちゃんが別の人格と個性を持った1人の人間だと言う証拠で、
私達はハナちゃんの個性を理解しつつ、受け入れてあげつつ、真っ直ぐ進むよう導く義務があると。
ほんと、親で居るって言うのは、思った以上に大変ですわ…
でも凹んでる場合じゃないので、
これからもハナちゃんの良き理解者として、ハナちゃんをサポートしつつ、一緒に頑張ります。

2009.9.12 003  2009.9.9 270  
1)初日の様子 2)用意するよう言われた家族写真 
流れとしては、まず受付で専用のクリップボードに名前・連絡先・時間などを記入します。
教室の前に子供達の名前が書かれたクリップボードがあって、
先生が教室のドアを開ける時に渡されるのですが(先生が開けるまで中に入れません)、
ハナちゃんの名前を探して時間を記入します。
教室の中にはハナちゃん専用の棚があり(こういうところが普通のCDCと違う)、
自分専用の棚に私物を入れ、自分の名前が書かれた金魚(マジックテープが付いとる)を剥がして、
「教室に居るのは○○です」と書かれた大きな表に金魚を張ると言う作業があります。
スポンサーサイト
[ 2009/09/15 17:50 ] ハラメグ | TB(0) | CM(9)
プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。