2009 051234567891011121314151617181920212223242526272829302009 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Aviano Market

ここアヴィアーノでは、毎週火曜日の午前中、タウンスクエアで開かれます。
なんだろ、フリーマーケットみたいなものかな。
服、靴、カバン、子供の物、生活雑貨、食べ物、花…などなど、実に色んな種類のお店が並びます。
マーケットで買い物する時の注意ですが、
食べ物は絶対に触らない、お店の人に頼んで見せてもらう、これが基本だそうです。
私は、食べ物以外(ハナちゃんの帽子を買った時)でも、
普通に触って怒られたら嫌だから、身振り手振りで「これを試したい」とアピールしました。
そしたら、お店のオバちゃんが、
ハナちゃんの頭に合いそうなサイズを見つけ、直接かぶせてくれたので、頼んで正解だったみたいです。
日本やアメリカでは普通のことでも、国や店が変われば違って来る。勉強になりやす。
2009.6.17 009  2009.6.17 011
色んな種類が…と言う割に、撮った写真が服屋さんばかりじゃないか(おいおい・苦笑)。
私個人としては、
バールに行く時にダラダラ歩きながら見て回るくらいで、ものすごく活用してる訳じゃあないんですが、
カーテン屋さんとオモチャ屋さんで良さそうな物を見つけたので買い物しました。
2009.6.10 001  2009.6.10 005 
トイレ用のカーテンとオモチャの芝刈り機。
シャッターを閉めると暗すぎる。だからと言って全開にするとトイレの中が見えてしまうかもしれない。
と言うことが気になりつつ、
けっこう前から「早いとこトイレ用のカーテンを買った方が良いよね」と言う話になりつつ、
どうしたら良いか分からなくて困っていたのですが、
散歩中、こういうカーテンを下げてる家を目にすることが多くて、
マーケットのカーテン屋さんを覗いたら、それと同じような物が置いてあったので、
お店の方に英語まじりの怪しい日本語で話しかけたら(英語が分からない人も居るって聞いたからさ・苦笑)、
普通に英語で返されました(あれぇ~)。
なんせ家が黄色でシャッターが緑ですから、白っぽいカーテンが良いかなと思って、
柄はハナちゃんに選んでもらいました。100センチで8ユーロだったかな。普通の店より安いのかしら。
芝刈り機の方は8ユーロ90セント。ハナちゃんより私の方が一目惚れ(笑)。
でも、初めて見た時は、お店の人が片付けを始めたところで、
今日はダメっぽいね…と声をかけたところ、怒ったハナちゃんが大暴れ!
こういう時に買い与えるのは良くないと思って、お店の人に質問するのを止め、そそくさと帰ったのでした。
それから1週間。(この芝刈り機が欲しいがために)お利口さんに出来たので買ってあげました。
毎日のようにガラガラやって楽しそうです。
スポンサーサイト
[ 2009/06/28 23:44 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)

Skandar Keynes

ナルニア国物語でエドマンドを演じたスキャンダー・ケインズくん。
Keynes_Skandar_03.jpg  more-skandar-skandar-keynes-1382272-617-273.jpg
もう、可愛くて、可愛くて(おい・笑)。
今年で33ですからね!17の子にトキめいてる場合じゃないですよ!
でも、可愛いものは可愛いし、目の保養になるんだもん、仕方あるまい(開き直った・笑)。
私は、特に、綺麗な鼻が好き
それにしても、ハリー・ポッターに出てる男の子達もそうだけど、
イギリスの若者は線が細くて毛が薄いのだろうか?
アメリカ人のティーンネイジャーは、
もっとゴツくて、無精ヒゲとか生えちゃって、こういう↑感じじゃないと思うんだけど。
ネットで色んな写真を見ましたが(検索したらボコボコ出て来るからさ・笑)、
最近より少し前の方が好きかも。映画撮影時くらいだろうか。と言うことは…15歳くらいの時?
いかん、いかん。少年にドキドキしてる場合じゃないぞ(笑)。
でも、ウェブサイトを載せるので、興味がある方はどうぞ。一緒にファンになりましょう(笑)。

http://www.skandar-keynes.com/→彼のオフィシャルサイト
ウィキペディアによると、
ダーウィン(進化論だよね)の末裔にあたる家系に生まれ、お父さんは作家(有名なのかな)。
現在は男子校(ハリー・ポッターのダニエル・ラドクリフも通った)で勉強してるんだって。
[ 2009/06/27 19:51 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)

Parent's Night Out & Albergo da Tussi

「母の日」の時はネットショップを使い自分の母親とウォママに花を送ったのですが、
「父の日」の方は何か食べる物でも送ろうかなぁ~と思いつつ、
思ってるだけで間に合わず、けっきょくグリーティングカードを送るだけで済ませちゃったのでした。
でも、うちのウォさんが、
直前にムカッと来ること(でも何だったか覚えてない)をやらかしてくれ、
父の日だけど何もしねェぞ!と決めたんですよね(笑)。
決めたんですが、図書館に行った時、ハナちゃんと一緒に楽しく、
Happy Father’s Day Cardなんて作っちゃって、その勢いのまま買い物に行ったので、
ウォさん用のTシャツなんぞ買ってみました。
まあ、私が働いて稼いだお金じゃないし、安物なんだけどさ。
さらに、先週の金曜日はエリア1のCDCにハナちゃんを預け、「父の日」の前祝いを兼ねて、
久しぶりにウォと2人だけでディナーを楽しんで来ました。
こちら、Parent’s Night Outと言うプログラムなんですが、
月に1回だけ、18時半~22時まで、12ドルで預かって貰うことが出来るのです。
事前予約が必要だと聞いていたので、ウォが電話を入れたところ、「近くなったら知らせます」と言われ、
もしかしたらダメなのかな?と少し心配してましたが、
前日だったかな、ちゃんとCDCから、「ハナちゃんを預かります」と言う連絡が入りました。
このプログラムについては、
ウォが調べてくれたリストに載っていたので、名前は聞いたあるも詳細分からず。
前もって教えてくれたAoiちゃんに感謝です
ハナちゃんは他の子供達と一緒に遊べて楽しいし、
私達は、ハナちゃんの心配をせず、ユックリ食事を楽しむことが出来るし、
とても素敵なプログラムですよね。うん。
何か見たい映画があれば、たいてい7時~9時だから、映画館デートでも良いんじゃないだろうか。

tn_2009.6.21 008  tn_2009.6.21 012  tn_2009.6.21 011
ウォの職場の人のオススメで、今回はTussiと言うレストランへ。
前から気になってたんですが、初めて入りました。
ここの魅力は「12ユーロ食べられるコースメニュー」らしいので私達も試してみました。
ファーストコース、セカンドコース、サイド、ドリンクだったかな。
tn_2009.6.21 010  tn_2009.6.21 014  tn_2009.6.21 015
1)まずファーストコース。
チーズとキノコがどったらこったらと書いてあり、私はキノコが大好きなので、これを選びました。
美味しいことは美味しいが、ちょっとショッパイ。
どんなキノコが出て来るんだろうと思いきや、これは…ナメコ…ですよね??
私の中ではナメコ=味噌汁なんだけど、パスタと一緒に食べてもOKだと。新しい発見かも。
2)次はセカンドコース。子牛のボロネーゼなんですが、美味しいけどショパイ。
かなり微妙。
そしてサイドのサラダ。イタリアではメインと一緒に出されるものなんだそうです。
アメリカと違ってドレッシングなし。
ウォいわく「オイルとビネガーを掛けて食べる」そうです。初めて試してみたけど嫌いじゃない味付でした。
でも、このレストラン、全体的に味付けがショッパイのであれば、あまり好きじゃないかも。
さらに、歳のせいか胃が小さくなってしまい、
イタリアサイズのパスタすら完食できない私にとって、コースメニューは多すぎるし。
でも、ちょっと気持ち悪いくらいパンパンだったのに、
食後にエスプレッソをカーッと飲み干したら、あら不思議、なんか胃がスッキリしました。
これが食後にエスプレッソを飲む理由なんだろうなぁ~。
その後、ハナちゃんを迎えに行ったんですが、額に汗かいて遊んでました。
とても楽しかったみたいです。預けてる間の心配をしなくて良いと助かりますよね。成長したなぁ~。
良い「父の日」になったでしょうか。なったに違いない。感謝しやがれ(笑)!
[ 2009/06/26 07:31 ] ハラメグ | TB(0) | CM(6)

だから・・・

誰かしら?こういう事するのは(笑)。
tn_6.25 001  tn_6.25 004
オーブンで焼くな!→ウォ曰くハナちゃんがシールを貼ったそうな。
シルクハットの下に蛇を描くな!→これは可愛いから許す。
[ 2009/06/25 15:30 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)

ハナちゃんの誕生日(2009)・その④

25日(月曜日)。タオ&ナタリアを誘ってParco Zooへ。
タオの車の方が大きいので(クライスラーのSUVだもの)、彼女が車を出してくれたんですが、
片道1時間半の道のりを1人で運転してくれたので、
動物園のチケット代+ランチは私たちが出しました。それくらいしか出来ないので。
地図の通りに進んだにも関わらず!あまり良い地図じゃなかったと見え?
途中で迷うと言う事態に陥りましたが(またか・汗)、
地元の人に道を尋ねたら英語で教えてくれたので(ありがとう)何とか無事に到着しました。
金額は、3歳児以下が無料で、大人は12ユーロだったべか。ちょっと曖昧。
有名どころで見なかったのは、象・大きい猿(ゴリラとかチンパンジー)・サイだろうか。
小さい猿と川岸で遊ぶ猿(種類不明)は居たんですが。
そして、ネコ科の動物。
マップを見る限り色んな種類が揃ってるはずなんだけど、暑すぎて日陰で昼寝してたのかな、全く見えず。
暑いものは暑いですからね。仕方ないですよね。
さらに、ファームアニマルが居る場所をペッティングズーとするのは、万国共通と見ました。
馬や牛を見なかったような気がするけど、
別に動物園まで行かなくても近所に居るもんなぁ~(笑)。って言うか動物園に居るものだっけ?
あとは爬虫類系。種類が少なかったです。
ま、これもね、NCで散々見ましたからね、今さら良いじゃんって感じ。
けっこう広かったので、ダラダラ歩きながら動物みて、ランチして、ベンチで休んで…なんてやってたら、
あっと言う間に3時間半くらい経過してました。
次回は開園と同時くらいの勢いで(まだ涼しいからネコ科の動物が出て来るかも)頑張ります。


tn_hanas birthday 079  tn_hanas birthday 093  tn_hanas birthday 085  tn_hanas birthday 078
正面に広がる風景とパークの真ん中あたりに設置された公園。
池を覗いたら鯉(だよね)が居て、後から気付いたけど20セントで鯉の餌が売られてました。
あげれば良かったなぁ~。
tn_hanas birthday 081  tn_hanas birthday 082  tn_hanas birthday 090
意外と鳥の種類が多かったかも。
tn_hanas birthday 097  tn_hanas birthday 086  tn_hanas birthday 075  tn_hanas birthday 084
鼻でプースカ息をしながら水中で起用に眠るアシカ。
黙って見てたら、壁にぶつかる瞬間、ヒレで上手いこと蹴ってプカプカ移動してました。
同じ行動を繰り返す熊(ちょっと心配)。年のせいだろうか。
百獣の王も暑いものは暑いよね。マッタリ昼寝中。でも隠れないで見える所に居るのがスゴイ。
さすがライオン(何がだ・笑)。
tn_hanas birthday 087  tn_hanas birthday 096
シマウマとディナー中のカバ(すげえ食いっぷり)。
tn_hanas birthday 101  tn_hanas birthday 076  tn_hanas birthday 080  tn_hanas birthday 083
こちらはミアキャット。可愛いのう~♪
でも「見かけに騙されて手を出すと本当に噛まれるので気を付けましょう」と言う表示が…(汗)。
さらに変なラクダ(初めて見た)とキリン。
tn_hanas birthday 098  tn_hanas birthday 100  tn_hanas birthday 089  tn_hanas birthday 099
こちらはペッティングズー。1つ目に居た山羊の群れ&2つ目に居たバイソンと豚。
鶏・ガチョウ・羊・ドンキー・ポニー・ウサギも居ました。
ちなみに20セント出せば動物達に餌をあげることが出来ます。もっと言うと餌が無いと寄って来ません。
誰かに似てると思ったらドビーじゃんね(笑)。
2枚目のハナちゃんとナタリアは、餌をあげる真似をして遊んでるだけなので、
喜んで寄って来るも何も貰えなのはナゼ?みたいな(苦笑)。
さすがの山羊も最後の方で気付いたようです。ケッて言いながら居なくなったに違いない。
tn_hanas birthday 088  tn_hanas birthday 091  tn_hanas birthday 092  tn_hanas birthday 094
みんなの様子。ナタリアと一緒で楽しかったことでしょう。

<補足>
そう言えば、トドやセイウチは分かるけど(デカイし見た目が違うから)、
アシカ・アザラシ・オットセイの区別って?
ネットで調べてみたら、便利な世の中になったものです、こんな素敵なサイトを見つけました。
http://seal.dolphins-world.net/guide/ashika-azarashi.html
おかげ様で私たちが見たのは間違いなくアシカ!それが分かりました
[ 2009/06/24 02:57 ] ハラメグ | TB(0) | CM(8)

ハナちゃんの誕生日(2009)・その③

24日(日曜日)。午後から小さなパーティを開いてハナちゃんの誕生日を祝いました。
tn_hanas birthday 047  tn_hanas birthday 062
ちょっと飾り付けするだけで雰囲気が出るな~♪
tn_hanas birthday 064  tn_hanas birthday 060
なんか主役よりオッサンの方が楽しんでるように見えるけど…(笑)。
tn_hanas birthday 069  tn_hanas birthday 070
タオ&ナタリアが到着した後は、
カップケーキの上に生クリームを乗せ、ハナAさんの時に使った星型の砂糖を振りかけ、
ロウソクを指したら、あら不思議!それらしくなりました(笑)。
ウォの誕生日の時はスーパーで誕生日ケーキを注文したんですが、
それ以来、ハナちゃんの希望は「ピンク&プリンセス」だと。
最初は基地のカミサリーで作ってもらおうかな?と思ったんですが、
ケーキを用意してもサクッと消化するだけの友達を呼べないぞ?と言うことに気付き、
結局、ウォが(ここポイント・笑)市販のケーキミックスを使ってカップケーキを作ることになったのでした。
ストロベリー味だからピンクだよ。3歳だからロウソク3本ね。おめでとう
1歳の時は市販のケーキが甘すぎて大泣き、
2歳の時はケーキじゃなくてクッキーを注文するも食べてくれず、
どうなることかと思いましたが…
3年目にしてカップケーキを出したら喜んで食い付いてくれる普通の子供になりました(笑)。
ナタリアはケーキより星の方が好きだったみたいです(笑)。
tn_hanas birthday 071  tn_hanas birthday 074
プレゼントを開けた後はナタリアと一緒に遊んで楽しそうでした。
さすが3歳児…
早くナタリアと遊びたいあまりプレゼントに対する反応がイマイチでしたが、
後から楽しんでくれたのでヨシとしましょう。

tn_card.jpg  そして、コチラは、裏手に住むイタリアンファミリーから頂きました。
 ロレンゾ君が11歳になった時、
 とても美味しい誕生日ケーキ(手作り)を分けて下さったので、 
 カップケーキを幾つか持って行ったのでした。
 アメリカのケーキみたいに甘くないから大丈夫かな、と思って。
 ケーキを頂いた後、何とかして気持ちを伝えたかったので、
お礼(イタリア語←もちろん翻訳機能)・自分達の名前・得意の似顔絵を書き、折り紙の花を作って貼り、
パパさんに渡したんですが、
それを覚えていてくれたのでしょう。同じように作ってくれました。
彼らの気持ちが嬉しいですよね。うちの近所はフレンドリーな人が多くて良かったです。
[ 2009/06/23 18:10 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)

ハナちゃんの誕生日(2009)・その②

pz4.jpg  pz5.jpg  pz6.jpg  pz27.jpg
さっそく近所(歩こうと思えば歩ける距離)のペッティングズーに到着。
レストランや子供用の遊具がありました。
そこでランチを食べる人や子供を連れて来て遊ばせてる人がいたので、
動物以外の楽しみ方が出来ると見ました。
tn_hanas birthday 024  pz7.jpg
ここに居たのはヤギだけ。
pz8.jpg  pz9.jpg  pz10.jpg
ヒナを連れたガチョウに近付きすぎて威嚇されまくったハラメグでした(すんません)。
pz11.jpg  pz12.jpg
クジャクも警戒心が強いみたい。写真を撮るのが大変。
tn_hanas birthday 025  pz13.jpg  pz15_20090622045924.jpg  pz16.jpg
こちらは馬房(ばぼう)。
pz17.jpg  pz18.jpg
外の風景。すぐ近くにパラグライダーの着地地点があるんです。  
pz18-1.jpg  pz19.jpg  pz20.jpg
どこのヤギもフレンドリーだこと。私はヤギが好き。
pz21.jpg  pz22.jpg
食ってばっかりいて中々顔を上げないラマ(笑)。
(面白い角を撮りたいだけなのに)ラマの後ろに座り込んで全く動かない…ヤギ?
ツワモノぞろいです。このヤギはフレンドリーじゃないや。
pz24.jpg  pz25.jpg  pz23.jpg  pz26.jpg
ヒツジ、ポニー、ウマ。
[ 2009/06/22 18:02 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)

ハナちゃんの誕生日(2009)・その①

ウチの姫、5月25日で満3歳を迎えました。
25日が祝日(つまり3連休)なので、下記のような計画を立て、ハナちゃんの誕生日を祝いました。
土曜日→前から気になってた近所のペッティングズーに行く(車で5分くらい)。
日曜日→タオ&ナタリアを招待して誕生日パーティ(自宅)。
月曜日→タオ&ナタリアを誘って動物園へ(名前を忘れちゃったけど車で1時間半くらい)。
pz1.jpg  pz2.jpg  pz3.jpg
まず3月に出せなかった雛人形(私の母から譲り受けたもの)を飾りました。
母親が小さい時に買ってもらった物だから…40年以上!?
「3月じゃなくても、毎年1回、忘れないで飾ることに意義があるんだよ」と言う母親の言葉を思い出し、
せっかくだからハナちゃんの誕生日前後に出すことにしたのでした。
階段(母親の実家にあるらしい)以外のパーツが揃っており、全部イタリアに持って来たのですが、
いかんせん飾る場所が無くて…
とりあえず、お内裏様とお雛様は少し高い位置が良いだろうと思って台の上に置きました。
屏風は無理でも「ぼんぼり」なら何とかなるかな?と思いきや、
ハナちゃんが「ハナもプリンセス持ってる!ジャパニーズプリンセスと一緒に置く!」と言って聞かず(笑)、
ドレスを来たバービー(しかも椅子つき)が仲間入りしたのでした。
[ 2009/06/21 20:18 ] ハラメグ | TB(0) | CM(6)

ハナAさん(5日目)

-5月2日(土)-

待ちに待ったヴェニスへ。
週末のプランは、車でサチーレまで行き、駅の前にある無料駐車場(ここポイント・笑)に車を止め、
電車を使ってヴェニスに入り、日帰りすると言うもの。
…2日続けて(笑)。
よくよく考えたら「日帰りするなら日にちをバラして平日2回にすれば良かったかも」と言う話もありますが、
そういうのって後日談ですよね
今回の経験を通して学んだことは、ヴェニスに行くなら平日にしよう。
特にイタリアの祝日が重なって3連休になっちゃうような時は要注意。避けましょう。
ヴェニスの町中は迷路みたいにゴミゴミしており、地図があっても迷っちゃうような場所なので、
っ言うか細かい地図がないんだと思うので、
お買い物に興味が無い方は、フェリーみたいなもんを使って進むのが無難かと。
でも、駅を出て大きな橋を渡った所からサン・マルコ広場まで、
そりゃあ、もう、数え切れないほどのお店が並び、お買い物し放題なので、
あちこち立ち寄りながらブラブラ歩いてサン・マルコ広場に向かう…のも有りだと思います。
ただし、町の至る所に橋があるため、ストローラー持参だと、
橋を渡る度に子供を下ろしたり、もしくは乗せたまま大人3人で持ち上げたり、
結構な重労働が予想されるため、やっぱり先にフェリーで移動しちゃった方が楽かもしれません。
さらに、町の中に入ると、有料の公衆便所があります。
でも、行きたい時にサクッと見つかるかどうか分からないので、
レストランやバールに立ち寄った際に済ます(もしくはトイレが目的で飲食する)のがベストかと思います。
ちなみに、
私が使った町の公衆便所は1ユーロ50セント。駅の公衆便所(ここから金を取る)は80セント。
tn_2009.5.2 002  tn_2009.5.2 003  tn_2009.5.2 005  
サチーレのトレインステーション。
イタリアの駅って、入る時も出る時も改札が無いんです、これにはビックリ。
こうやってチケットにスタンプ(日付と時間)を押すだけ。
たまに車掌さんが車内でチェックするようですが、
私たちが「チケットを見せて」と言われたのは初日の行きの電車だけ。毎回じゃないみたい。
バレたら大変だからズルする人なんて居ないと思うけど、
ズルしようと思えば出来なくもないシステムだよね。すごい国だな。
ちなみに、私たちが乗った電車は、8時半のヴェニス行き(4番フォーム)です。
tn_2009.5.2 004  tn_2009.5.2-2 075
ハナAさんが撮影した怪しく微笑むウォ…相変わらず変な顔を撮るのが上手い(笑)。
tn_2009.5.2 010  tn_2009.5.2 011  tn_2009.5.2 012  tn_2009.5.2 013
ハナちゃんにとって初めての電車移動。
1時間ちょっとでヴェニスに到着しました。ちなみに4枚目が駅の公衆便所です。
さてさて、どんな風景が広がってるんでしょうか。
tn_2009.5.2 014  tn_2009.5.2 015  tn_2009.5.2 016  tn_2009.5.2 017
駅を出た所です。
うわ!ディズニーシーみたい!とか思ったけど…逆ですよね(笑)。
雨が上がって晴天なり。でも思ったより暑い。
tn_2009.5.2 021  tn_2009.5.2 018  tn_2009.5.2 019  tn_2009.5.2 022
この橋を渡って町中に入ります。
でも建物の間が狭くて狭くて、でも観光客で一杯になって、
前に進めないぞって感じ。おそるべし。
tn_2009.5.2 023  tn_2009.5.2 024  tn_2009.5.2 027  tn_2009.5.2 028
運河を行き交うボート。まさに水の都ヴェニス。
tn_2009.5.2 025  tn_2009.5.2 026
とりあえず「サン・マルコ広場&リアルト橋」に向かってレッツラゴ~。
tn_2009.5.2 030  tn_2009.5.2 032  tn_2009.5.2 031  tn_2009.5.2 033
バールやコンビニらしき物がありました。
tn_2009.5.2 034  tn_2009.5.2 035  tn_2009.5.2 036
やっとゴンドラ発見(でも後姿・笑)。
tn_2009.5.2 029  tn_2009.5.2 038  tn_2009.5.2 037  tn_2009.5.2-2 083
小腹が空いたので、最初に見つけたレストランで早めのランチ。
うわ!イカ墨!
私が席を外してる隙にウォが撮影した模様…これは「お約束」だよね(笑)。
このレストラン、ぜんぜん高くなくて、普通に美味しかったです。
tn_2009.5.2 041  tn_2009.5.2 080  tn_2009.5.2 042
ランチの後はショッピング&デザート。
tn_2009.5.2 040  tn_2009.5.2 047  tn_2009.5.2 048
どのお店でどんなお土産を買おうか迷っちゃうくらいの数です。
こういう時は最初にピピッと来た場所で最初に気に入った物を買うのが一番。
この辺りから急激に人が増え始め、どの方向にも進めず、
何かに似てると思ったら、うちの前を埋め尽くした羊の群れみたい。
tn_2009.5.2 045  tn_2009.5.2 049  tn_2009.5.2 044  tn_2009.5.2-2 085
(1)人込みを避けて左側に来たら、こんな風景が。きれい、きれい。
(2)これがリアルト橋。
(3・4)横に通った橋を超えるための階段だと思います。左右にありました。
tn_2009.5.2-2 086
ハナAさんが撮った写真なんだけど↑リアルト橋から見た風景かな。
tn_2009.5.2 055  tn_2009.5.2 081  tn_2009.5.2 063  tn_2009.5.2 059
ゴンドラ乗り場をバックにして撮った建物&左右。
tn_2009.5.2 053  tn_2009.5.2 056  tn_2009.5.2 058  tn_2009.5.2 052
さらに続く美しい建物。1枚目がサン・マルコ寺院の側面かも。
tn_2009.5.2 064  tn_2009.5.2-2 090→ハナAさんが撮った寺院の正面。
↓ゴンドラ乗り場&左右に広がる風景。4枚目は寺院の向かい側。
tn_2009.5.2 061  tn_2009.5.2 060  tn_2009.5.2 054  tn_2009.5.2 062
ついにサン・マルコ広場に到着。
しかし、観光客の多さにキレるウォ&頭がクラクラするハラメグ。
一度に大人数を見ることの無い田舎から来ると、人込みに弱くなるんだよな(弱すぎ・笑)。
これじゃ建物を撮ってるんだが人間を撮ってるんだか分からないなぁ~と思いつつ、
とりあえずカメラのシャッターを押しまくって来たので、
ハナAさんの素敵な写真も交えつつ、一気に紹介します。見て下され。
寺院や宮殿の中を見学できるっちゅう話でしたが、ものすごい行列だったので、今回は諦めました。
またヴェニスに来るとしたら、イタリアを離れる少し前が良いかもしれません。
ハナちゃんも1人で頑張って歩ける年齢だと思うし、もう週末に来ることは二度と無いと思うし。
今回がダメでも次回は中に入れるかも。
tn_2009.5.2-2 098  tn_2009.5.2 057
ハナAさんが撮った不機嫌なウォと昼寝を始めたハナちゃん。
どうしよう、ギャーギャー騒がれるより寝てくれた方が楽っちゃあ楽なんだけどさ、
ゴンドラに乗りたいのに!ストローラーはどうしたら良いの!
ハナちゃんは、ちょっとくらい動かして起きないから、抱っこすれば良いけど、
ストローラーも一緒に乗せてくれるかな?
もしくは同じ場所に戻って来るなら預かってくれないかな?
ドキドキしながら素敵なオジさんに声をかけると、
ストローラーもOKだって。いぇい。
でも、そりゃそうかも。ストローラーを断って客を逃したくないだろうし。
しかも1人50ユーロ。
実はITTで安くチケットを買うことが出来たっちゅう要らない情報(先に言え)もあるけど、
ハナAさんが調べた相場より少しやすかったよね。
そんじゃハナちゃんを起こしてストローラーを畳もうと思って、
ハ~ナ~!!と声をかけると、
オジさんの「起こさなくても大丈夫だから!!」ってなジェスチャーが入り、
なんとストローラーごと寝てるハナちゃんをゴンドラの先頭に置いてくれたのでした。
しかも一緒に乗せるって…こういうことかい(笑)。
tn_2009.5.2 067  tn_2009.5.2 070  tn_2009.5.2-2 101
出発進行。
tn_2009.5.2 066  tn_2009.5.2-2 104  tn_2009.5.2 071  tn_2009.5.2 072
1枚目は私のお気に入り。そんで2枚目のオジさんカッコ良い。
オジ曰く、こういった橋が420もあるんだって。そりゃ何度もブチ当たるわ。
建物の裏を通ったのですが、
長く続いた大雨のせいで浸水したらしく、けっこうな被害だったそうです。
ヴェニスに来たって改めて感じた瞬間だったけど、何とも言えない微妙な匂いだったな。
ここで生活してる人が居るんだから仕方ないと思いつつ、
あまり綺麗じゃいのが目に付いたし。
でも念願の(ディズニーシーじゃなくて本物ですから・笑)ゴンドラに乗れて、
純粋に嬉しかったです。
tn_2009.5.2 073  tn_2009.5.2 074  tn_2009.5.2 075
ゴンドラから見た建物。
tn_2009.5.2-2 102  tn_2009.5.2 051  tn_2009.5.2 069  tn_2009.5.2-2 107
ハナちゃんも一緒にゴンドラに乗ったぞ!って言う証拠写真だね(笑)。
寝てるハナちゃんを見た他の観光客がキャ~キャ~言いながらバッチバチ撮影してました。
一気に有名人
ハナAさんカワイイ。そんでオジさんの笑顔が眩しい(さすがプロ・営業スマイル)。
4枚目は、私が、
「よくカメラを上に向けて自分で自分を撮る人がいるけど、上手に収まんのかな」
と呟いたところ、
さっそく実演して見せてくれたハナAさん…自信満々だったけど自分の顔が半分きれてるし(笑)。
なかなか味のある写真だ。
tn_2009.5.2 076  tn_2009.5.2 077  tn_2009.5.2 078
ゴンドラ用の船着場へ。ハナちゃんはゴンドラを降りても未だ昼寝中。
tn_2009.5.2-2 114  tn_2009.5.2 079  tn_2009.5.2 082
この辺りで目を覚ましたと思うんですが、駅に向かって迷いながら歩いたのでした。
今更だけど(またかい)船に乗るっちゅう手もあったよね。
あ、でも、フェリーの船着場を探すのが大変そうだったから、止めたんだっけ。
途中、グラスで音楽を奏でるオジさん、ギターを弾くオジさん、誰かの飼い猫に遭遇しました。
お疲れ様っす。でも楽しかったぁ~。
[ 2009/06/19 02:20 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)

コミュニティキャット・その①

tn_2009.6.15 074  tn_2009.6.15 076  tn_2009.6.15 077
こちらはフレンドリーな猫ちゃんです。久しぶりに違うコースを歩いてみたら出会ってしまいました。
カメラを向けたら逃げるんだろうなぁ~と思いきや逃げない(普通にノソノソ歩く)。
でも近付いたら逃げるんだろうなぁ~と思いきや逃げない(その場に寝そべってアクビする)。
でも触ったら逃げるんだろうなぁ~と思いきや(ゴロンと横になって大喜び)。
か~わ~え~!!!
うちの近所では、放し飼いになってる犬・猫が多いので、しょっちゅう目にします。
でも、門を出た所にあったホヤホヤのウ〇チをウッカリ踏んでしまったことがあり(ウォさんがですよ・苦笑)、
放し飼いってのは、そういう問題がありますからね。
それに、ちゃんと避妊・矯正してるなら良いけど、してないってことになれば、
ちゃんと面倒を見てあげられない不幸な子犬ちゃんと子猫ちゃんが無駄に増えるだけだと思うしね。
良いような悪いような…どっちかと言うと悪いことの方が多いような気がするな
[ 2009/06/18 17:42 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)

ナルニア国物語

movie_1763_poster.jpg  princecaspianposter.jpg
日曜日の話なんですが…やっと見ました。カスピアン王子の角笛。
あれは去年のクリスマス。
うちの母親に「あんた達、何か観たい映画ないかい?あるならDVD送ろうか?」と言われ、
買ってもらったにも関わらず、なんかユックリ映画を見る気にならなくて、
例のごとくガッツリしまいすぎて忘れたくらいにして(失礼な話だ)、
「そういえば、まだ見てないよね、ナルニア国物語の2作目」とウォが唐突に思い出し(助かった)、
昨日ちゃんと見ました。ごめんなさい。
さてさて、この映画、ご覧になられた方います?好きですか?
実は、私、小学生くらいの時にナルニア国物語を本で読んでるんです。
大好きな童話の1つなので、本を処分することが出来ず、こちらにも持って来ました。
ロード・オブ・ザ・リングが映画化された時、
ナルニア国物語も映画になれば良いのになぁ~なんて思ったもんですが、
それが実現した時は本当に嬉しくて、
1作目の「ライオンと魔女」はNCの映画館で観ました。確か2005年の冬、妊娠中でしたね。
賛否両論あるみたいですが、私は大好きです。
そんで、2作目となる「カスピアン王子の角笛」ですが、
うーん、正直なところ、ちょっと微妙…かも?
まず、本作(読み直したのが数年前の話なので良く覚えてないんだけど・汗)で、
あんなに細かい戦闘シーンの描写があったかな?
ピーターって、イライラしてる感はあったけど、カスピアンに対して暴言三昧だったかな?
スーザンとカスピアン王子って、あんな風に惹かれ合うんだっけ?
ルーシーと小人さんって、あんなに仲良くなるんだっけ?
あのネズミ、もっとウルさくて、存在感が強かったような気がするんだけど…
最後の戦闘シーンで木が出て来たけど、
れは本と同じなんだろうか?そうじゃなければロード・オブ・ザ・リングの2作目とカブっちゃうような…
と色々思ったわけです。
戦闘シーンはカッコ良いけど、それに力を入れるあまり、細かい部分が削除されてるとか、
そんなことあったりするのかしら~。

それにしても(ハリー・ポッター同様)彼らの成長した姿を見てビックリ。
anna_popplewell8.jpg  prince20caspian.jpg
1作目(2005年)と2作目(2008年)。
上の3人は立派な大人ですね。ルーシーもレディって感じだし。
それもそのはず、俳優さんの実年齢になりますが、
ピーター22歳、エドマンド18歳、スーザン21歳、ルーシー14歳ですと。
ちなみにカスピアン王子は28歳だそうです。
2644000.jpg
ピーターとカスピアン王子も普通にカッコ良いんだけど、
私のお気に入りはエドマンドくん↑です。
この子は絶対ハンサムになる!と思ってました(笑)。この顔、めっちゃカワイイ
prince-caspian.jpg  narnia.jpg
和気藹々として楽しそうな現場。
あ、でも、私服だとカスピアン王子が一番だな。落ち着いた男って感じ。
これが18歳と28歳の違いかしら(笑)。
世界中の女の子からキャーキャー言われるのも納得です。

映画のオフィシャルサイト
ナルニア国物語(ウィキペディア)
[ 2009/06/16 05:05 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)

砂を求めて三千里

tn_2009.6.15 079  tn_2009.6.15 081
ハナちゃんのサンドボックスを買いました。
BXで見つけたんですが、と言うか店内に無くて店員さんに聞いてみたら、
1つだけ残っており、ちょうどセールでした。
25ドルです(てへ)。
でも、サンドボックスはあるが、専用の砂が無い。
店員さんも、
「イタリアではポピュラーじゃないのでドコに売ってるか分からない」
なんて言う。
普通はサンドボックスと砂をセットで置くものじゃないのか。
公園に行って盗むかビーチに行くしかないかも?と思っていたら(かなり本気・笑)、
よく公園や図書館で会うママさんがいて、
彼らも「サンドボックスを買った」と言ってたのを思い出し、
さっそく電話してみました。
そしたらエリア1のガーデンセクションにあるって言うじゃないですか。
なんでBXで働いてるクセに知らないかな?と思いつつ、
無事に手に入ったからヨシとします。
ちなみに、この砂、わざと猫が寄り付かないように工夫されてるとか。
なるほど。
確かに、猫のウンチを見つけた日にゃあ、流石の私もビックリするだろな~。
[ 2009/06/15 20:27 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)

ハナちゃんのファーストヘアカット

tn_2009.6.12 010  tn_2009.6.12 012  tn_2009.6.12 017

私が髪の毛を短くしてからと言うもの、毎日「美容院に行く!自分も短くする!」とウルサイ姫…
そう言えば一度も切ったことないもんなぁ~。
エリアFの床屋の前で、
「(私)え?女の子だけど床屋でも良いの?」「(ウォ)え?ダメなの?」
なんて言ってたら、
ハナちゃん自ら「髪の毛きってくださ~い!!」って中に入っちゃいましたよ
でも、女の子も担当できる美容師さん(写真の綺麗なお姉さん)がランチブレイクで不在だったので、
先に買い物を済ませてから、初めてのヘアカットへ。
本人は「髪の毛が短くなった→もう結ばなくて良い」と言う認識だったので、
嫌がって取ってしまったけど、編み込みを作ってくれました。
これ、出来ないんだよね、不器用なもんで。ハナちゃん、短いのも似合うじゃん、可愛い。
15ドルだったんだけど、やっぱり床屋の方が安いですね。
…私の髪の毛も切ってくれるのかしら(笑)。
なるほど、女性を担当できる美容師さんは男性の頭もOKだけど、
男性を専門で担当する人は女性はダメなんだと。知らなかった。そういうものなんだ。
そう言えば、うちの弟(ベーシストでバンドをやってる)は、床屋だと短く切られすぎちゃって嫌だ、と言い、
ずっと同じ美容院に通ってるなぁ~。
実は私の頭を10年近く担当してくれた美容師さんと同じだったりして。
家族経営だったけど、札幌市内に支店が2つあって、
父はJR近くの床屋、母は歩いて行ける距離の美容院、弟は本店、
私は、担当のお姉さんが本店に移動しちゃった後、遠すぎて通えなかったので、なんと送迎つき。
家族で利用!みたいな(お得意さんですよね・笑)。
それゆえ、「この前たっちゃん(弟)が来てたよ。彼女と別れたらしいね。」
と、プライベートな話を美容師さんに教えてもらい、事実を知る…みたいな(どんな家族ですか・笑)。
とにかくハナちゃんがドラにならなくて良かったわん
[ 2009/06/13 17:24 ] ハラメグ | TB(0) | CM(8)

ハナAさん(4日目)

-5月1日(金)-

tn_1.jpg イタリアの休日です。この日はドビさんも連れてバルチスまでレッツラゴー。
 車で40分くらいだったかな~。ちゃんと着いて良かったわ~。 
 やけに長いトンネルがあったんですが、
 それもそのはず。距離を見たら4キロ近く有りました。
 次回は、弁当を持って、ロナンも連れて、ピクニックでもしよう。 
ウォが教えてくれるまで、こんな所が有るなんて知らなかったけど、お気に入りの1つに成りました。
ほんと、イタリアって、ドコに行っても風景が綺麗。絵葉書みたい。 
tn_2.jpg
記念写真。
tn_5.jpg  tn_3.jpg  tn_4.jpg 
とりあえず前に進む探検隊。
tn_6.jpg  tn_7.jpg
青い空+緑の山+緑の池。すげぇ景色。
tn_9.jpg  tn_8.jpg  tn_10.jpg
ハナAさんに遊んでもらう子供たち。
tn_11.jpg
両手を挙げてイエ~イしてみて。
tn_12.jpg  tn_13.jpg  tn_14.jpg
桟橋みたいな物があったので、湖に近い所から撮影してみました。
tn_15.jpg
さらに進むと小さな集落を発見。湖の近くに住んでる人がいるってことですよね。
毎日きれいな風景を見られて幸せだろうなぁ~と思いつつ、
近くにスーパーとか無いし、観光客が多いし、ちょっとばかり不便で迷惑だったりするのかも。
うちの近所とは違う造りの家が多かったです。
tn_17.jpg  tn_18.jpg  tn_19.jpg
思い思いの楽しみ方をする人々。何だかホンワカ。
tn_24.jpg
お?白鳥だ!
tn_20.jpg  tn_21.jpg  tn_22.jpg
BBQやキャンプも出来るようです。
そういや、ジョージアの叔母さん夫婦が、モーターホーム(移動と生活が出来るバス)で、
アメリカ国内のキャンプ場を回ってました。
tn_25.jpg
みんなで仲良くシーソー(ハナAさん撮影)。
tn_26.jpg  tn_28.jpg  tn_27.jpg
(ウォさんの希望で)
ジェラードや軽食を求め、何となく車を止めた場所に向かいつつ、町の中を散策。
バールならアチコチにあるし開いてるんだけど(イタリア人が昼間からワインを飲んでました)、
レストランらしき物やジェラテリア(アイスクリーム屋さんは見当たらず。
今更だけど、ホテルのレストランに入っても良かったんだけど、
犬連れだし、メニューや値段が分からないし、
軽く食べられるような場所は無いのか!飲み物だけか!…とイラつくオッサン(汗)。
ハナAさんも言ってたけど、
イタリアのレストランって基本的にワンコもOKだし、
中じゃなくて外のテーブルに着けば、何も言われないと思うんだよな。
表に値段つきのメニューボードもあったしさ。
でも、彼の希望としては、ちゃんとしたレストランでランチと言うより、
アメリカで言うところのダイナーみたいな場所?ファミレス?で軽く食べたかったしい。
でもね、そういう場所がバールなのですよ。
その時は知らなかったけど(すまん)バールに行けばサンドイッチやクロワッサンがあるのだ。
バールの軽食は次回と言うことで。
tn_29.jpg  tn_30.jpg
1780年?スゴイ!
tn_31.jpg
いったん家に戻ってランチを食べた後は、
Gorgazzo(蜂蜜の店と源泉で有名な場所)へ。うちから20分くらいだったかな。
ちなみに、1枚目でハナちゃんが食べてるソーセージですけど、
ハナAさんがフランクフルトで買って来てくれたものです。美味しかったです。
乗り継ぎ出来なくて空港で足止めを食らった時、
ブチ切れて係りの人にスーパーまで案内させたらしくて、その戦利品と言うことで。
ハナAさん強し(笑)。
tn_33.jpg  tn_34.jpg  tn_35.jpg
1枚目は蜂蜜の店、2・3枚は源泉から流れてる川です。
tn_36.jpg  tn_2009.5.2-2 054  tn_37.jpg
でも連日の大雨で大変なことになっとる!!汚れずに進むのは…不可能と見た(涙)。
tn_38_20090613063529.jpg  tn_39.jpg
源泉に流れ込む…湧き水??
tn_40.jpg  tn_41.jpg  tn_42.jpg
源泉&ここに住むガチョウ。すごい色ですよね。
2月にバスツアー(まだ記事にしてないし・汗)で来た時は、源泉の近くまで行けて、
魚の姿まで見えました。透き通った綺麗な青でした。
tn_43.jpg  tn_44.jpg
ビーチみたい。これはこれで良い風景かも。
tn_46.jpg  tn_47.jpg  tn_48.jpg
こちらは反対側。カヌーをする男性を発見。レストランらしき物が3軒くらいありました。
tn_49.jpg  tn_50.jpg
猫に近付く2人。ハナちゃんのホッペがポチョッとしてカワイイ。
tn_51.jpg  tn_51-1.jpg
町並み&ハナAさんが気になった(笑)洗濯物。
こうやって干すと言うことはバルコニーが無いんだろうな。スゴイ光景だ。
でも、日本の物干し竿かコレ↑が欲しいな、と思うことはあります。
うちの場合、大きな物を干す場所が無いので、乾燥機を使うことになるんですよね。
それがダメなワケじゃないんだけど、ドイツ製でアメリカ製と違うので、
すごい時間がかかる上、
途中で溜まった水をチェックして定期的に捨てないと乾きが悪くなるのです。
でも、あまり電気を食わない構造だから、家計に優しくて良いのか。
tn_52.jpg  tn_53.jpg
こちらは家に戻ってからです。遊んでるところをハナAさんに盗撮(笑)されました。
tn_54.jpg  tn_55.jpg
1枚目、私のお気に入り。みんな可愛い。
ハナAとハナBが双子みたい。服の色合いが全く同じ。ドビーちゃんもピンクを着ないと。
2人ともハナAさんにガッツリ懐いてます。
tn_2009.5.1 025  tn_57.jpg  tn_58.jpg
ハナAさんから頂いたパジャマ。かなり気に入った様子。日本の服は色合が柔らかいですよね。
2枚目はヴェニス行きに向けてハナちゃんのネイルを直してるところ。
ハナAさんは、本当に、2枚目みたいな表情(特にウォ専門・笑)を捉えるのがウマイです。
「ママ!はみ出さないで!」と怒られまくる母でした。
2枚目もハナAさんがコッソリ撮ったハナちゃん。疲れてグッスリ。次はヴェニスだよ!楽しみだね♪
まだまだ続きます
[ 2009/06/12 06:24 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)

日曜日

午前中、Piancavalloっちゅう名前の山に行ってきました。
スキーリゾートがあるので、冬の間はウィンタースポーツで賑わう場所なんですが、
うちから30分くらいで行けるんですよね。
ワンコも連れて山に行って、チョロッと散歩した後、
ピクニックテーブルとかでランチしたら楽しいかなぁ~と思って。その時の思いつきです(笑)。
その日の気温は25度前後だったんですが、やっぱり山の方は20度前後。
お日様が出てる時は暖かいんだけど、
ピューッと風が吹いて雲に覆われると気温が下がってしまい、ちょっと寒かったです。
でも、逆に、夏本番の間は良い避暑地になりそう。

tn_2009.6.7 029  tn_2009.6.7 025
ロナンにとって初めての遠出(…でも無いか・笑)。
tn_2009.6.7 028  tn_2009.6.7 031
こんなに大きなカタツムリが道路の至る所に居ました。
見つける度にカタツムリを掴んで草地に隠すハナちゃん。貝殻だと思ってるみたいです。
って言うか、無理やり笑うと、なんで「あぃ~ん」になるんだろ(笑)。
カタツムリ持って喜んでるのも怪しいけど、それ以上に作り笑いが怖いぞ(汗)。
tn_2009.6.7 033  tn_2009.6.7 036
何かの記念碑かな。案内を見つけたので撮ってみました。
tn_2009.6.7 035  tn_2009.6.7 037  tn_2009.6.7 038
こりゃあ良い運動になりそうです。なんかハイジになった気分。羊が居たら完璧なんだけど。
tn_2009.6.7 039
遠すぎて見えないけど、ワンコと一緒に散歩してる夫婦が居ました。
tn_2009.6.7 043  tn_2009.6.7 044
適当な所でUターン。戻ってる最中に見た風景。
tn_2009.6.7 040  tn_2009.6.7 046
なんと蛇を発見!「攻撃しないから毒蛇じゃないよ」と言い、蛇をいじるウォ(止めんか)。
tn_2009.6.7 047  tn_2009.6.7 048
普通の道路に戻って左に曲がったら、あら不思議。
なんか見覚えがある建物だな~と思いきや、
ハナちゃんがグレイスと一緒に遊んだ「キッズファンパーク」じゃないですか。
雪が積もったら遊びに来ようね!めっちゃ寒いけど(苦笑)。
tn_2009.6.7 041  tn_2009.6.7 045
駐車場の近くにピクニックテーブルがありました。2枚目は後ろに広がる風景です。
tn_2009.6.7 050  tn_2009.6.7 052  tn_2009.6.7 053
ハナちゃんはランチを食べてノリノリだけど、
ロナンはメッチャ疲れたみたいで(まだ子犬だもんな)スーピー言いながら眠り始めました。
対するドビさんはウォからブドウを貰って嬉しそうでした。
tn_2009.6.7 051
なんの幼虫だろ。
tn_2009.6.7 054  tn_2009.6.7 055  tn_2009.6.7 056
下山中、車から見えた風景が綺麗だったので、車を止めてウォが撮りました。
tn_2009.6.7 060  tn_2009.6.7 058  tn_2009.6.7 061
こちらも下山中に見つけた風景。


午後は(って言っても4時すぎ)ディビッドの家までレッツラゴー
またステーキを御馳走になっちゃいました。
ディビッド曰く「ちょっと焼きすぎてしまった(確かにウェルダンだった)」とのことでしたが、
相変わらず味が染みて、ウェルダンでも肉自体が柔らかくて、
おいすぃ~!!
私たちの担当は「パンを持って来ること」でしたが、シェフ・ディビッドのステーキ、
リンダのサラダ、テリー(ディビッドの奥さん)のチョコレートケーキが待ってるのを知ってたので、
パンを用意しても満腹で食べ切れないさ!と思い(当たってた・笑)、
地元のスーパーで購入した短いブレッドスティックを持参。どれもこれも美味しかったです。
たらふく食べてチョー幸せ
tn_2009.6.7-1 002  tn_2009.6.7-1 003
アディ(ロナンのママ・小さい方)&カヤ(秋田犬×シベリアンハスキー)と遊んで来たぞ。
tn_2009.6.7-1 001  tn_2009.6.7-1 006
1枚目はディビッドが作ったワインボトルホルダー。
こういう物だとか杖だとか趣味で上手に作る方なんです。スゴイ技術ですよね。
でも、チェーンソーを使ってる時に怪我をして、
一歩まちがえば指が2本もげていたかもしれない…ほどの大事故。今後は気を付けて下され。
2枚目は庭に成っていたチェリーです。
[ 2009/06/11 19:18 ] ハラメグ | TB(0) | CM(6)

曇天時の屋内イベント+散歩

私が美容室でムカついてる間、パパと姫は楽しくショッピング。
BXで見つけた補助つき自転車にハナちゃんを乗せてみたら、思ったより普通に前に進んだ上、
セールで35ドル!だったそうな。迷わず購入
tn_2009.6.7 002  tn_2009.6.7 001  tn_2009.6.7 003  tn_2009.6.7 004
ハナちゃんがピンクのフサフサを引っこ抜いて遊ぶため、ウォが取っちゃいました。
取ったのは良いけど…なんで耳の中に入れるかな
ワンコ達を連れて皆で散歩するも、ドビーが先に進んでしまうに度にロナンがキュウキュウ鳴くため、
ウォが2匹分のリーシュを持つことに。
ハナちゃんは、ペダルを漕ぐ度に足を上げてしまうみたいで、
ペダルが表裏にひっくり返ってしまい、ちょっと乗りづらそう…練習が必要ですな

tn_2009.6.7 006  tn_2009.6.7 007  tn_2009.6.7 005  tn_2009.6.7 011
公園で一緒に遊んだ女の子が近くに住んでるって分かり、
誕生日パーティに招待されたんですが、うちから200メートルくらいなので、トコトコ歩きました。
ソフィアちゃん、4歳の誕生日でした!おめでとう

その後はエリカちゃんの誕生日パーティへ…2歳になりました
ハナちゃんとエリカちゃん言うより、私とリン(エリカちゃんのママ)が友達なんですけどね。
エリアDを借りて行われた大きなパーティ、
ジャンピングキャッスル(アウトレクリエーションから借りたと思われる)があり、
リンや友達が協力して作った美味しい料理が並び、
誕生日ケーキはフロストじゃなくてホイップクリームだったので甘さ控えめで美味しく、
ピニャータが用意され(初めて見た)、集まった子供たちにプレゼント&お菓子が詰まった袋が配られ、
とても楽しいパーティになりました。
旦那さんはアメリカ人だけど、リンはフィリピン人なので、集まった友達もフィリピン人ばかり。
(うちらを含め)フィリピン人じゃない人もいたけど、夫婦の片方がアジア人でしたね。
フィリピンの大家族に祝福された誕生日と言う印象でした。
ハナちゃんも、ジャンピングキャッスルで遊び、ピニャータを叩かせてもらい、お土産たくさん頂いて、
とても楽しそうでした。私も楽しかった。
tn_2009.6.7 009  tn_2009.6.7 010
カップケーキを頬張るエリカちゃん&ジャンピングキャッスルで遊ぶ子供達。
tn_2009.6.7 014  tn_2009.6.7 015  tn_2009.6.7 008  tn_2009.6.7 013
ルンピア(フィリピンの春巻き)、めちゃウマ
おーい、ハナちゃん、何してるんだい。カップケーキのアイシングだけペロペロしてら(笑)。
ちなみに、左から2枚目に写ってる男の子は、エリカちゃんのお兄さんです。
tn_2009.6.7 016  tn_2009.6.7 018
左から旦那さん、リン、エリカちゃん。肝心のケーキの写真が無いや
tn_2009.6.7 017  tn_2009.6.7 021
うほほーい
tn_2009.6.7 019  tn_2009.6.7 024  tn_2009.6.7 020  tn_2009.6.7 022
これがピニャータ。ハナちゃんも初めて叩かせてもらいました。
子供の力では簡単に割れない(割れたら面白くないもんね)もんだっちゅうことが分かりました。
お菓子に群がる子供たちの様子が可愛いですね。
[ 2009/06/10 05:58 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)

ハナちゃんと愉快な仲間達

ある日の午後。隣のブルーノが遊びに来てくれました。
tn_2009.6.1 018
夏に向けてヘアカットしたので見た目スッキリ。けっこう細いのね。
tn_2009.6.1 013  tn_2009.6.1 030
ロナンに追いかけ回されるブルーノ。
ハナちゃんに三輪車で追いかけ回されるドビー。
どっちも迷惑そう
tn_2009.6.1 037
天気が良い日はシャボン玉で遊ぶのが大好き。前より上手になったよ。
tn_2009.6.6 001  tn_2009.6.6 002
たま~にですが一緒に遊ぶようになりました。
tn_2009.6.1 033  tn_2009.6.1 046
お疲れモード。最終的にロナンがドビーのベッドに移るみたいです。

ロナンと言えば、ドビーが子犬の時と違って(笑)、非常に「お利口さん」です。
まず、一番ビックリしたのが、
「お腹が空いたのかな?」と思って餌をあげても、食べる必要が無い(空腹じゃない)時は食べない。
これが普通なのかな?
ビーグルは与えた分だけ食べる犬種(肥満になりやすいので要注意)なので、
餌を目の前にして食べないなんて!ありえないんだけどな(笑)。
あと、ドビーが子犬の時は、噛み癖と、破壊癖、トイレトレーニングで苦労したもんですが、
ロナンの場合は、ダメって言えば止める。
噛む度に、口を掴んで地面に押し付けるとキューンキュン鳴いて「ゴメンなさい」するし、
遊んでる最中に興奮しちゃったのを除き、噛まなくなりました。
(上位を決めるためだと思うんですが)標的にして絡みまくってたハナちゃんに対しても…です!
トイレの方は、たまにですけど、ドアの前に座ったり、ガリガリしたり、
私たちが2階に居る時は、
家の中でチーッとやる前に迎えに来てくれることがあるので、失敗の数が減りました。
ドビーはスゴかったですよ
口を捕まえる前にガウガウ言いながら噛み付かれるので、それが落ち着くまで常に血まみれ。
唐辛子を塗ってもビターアップルを吹っかけても家具に噛み付く。
クッションとラグのポンポンが全滅。
トイレなんて、サインを見つける度に外に連れ出すも、
10分くらい待ってもオシッコしてくれず、諦めて中に入れたとたんラグの上でチー。
結局、トイレに行きたい時に、居間のスライディングドアをバンバン叩くようになったのは8ヶ月の時でした。
しかも、そのスライディングドアから外に出たことないし。ドビさん、面白すぎ。
ロナンくんはドビー以上に寂しがり屋らしく(子犬だから仕方ないか)、
ドビーの横で昼寝する場合を除き、私の後を付いて歩いてます。それが可愛くてねぇ♪
呼べば食べ物が無くても飛んで来るしねぇ(笑)。
ドビーは自分の都合が良い時しか寄って来ないところがあるんだけど、
対するロナン君は、ナデナデすると嬉しそうで、たまにチビっちゃうことがあるくらい。
「うれション」言うヤツですよね
裸足で歩いても噛まれないし、ドビーに比べるとイタズラが少ないような…これからだろうか?
散歩中に疲れたら、
ハナちゃんのストローラーの下に付いてるバスケットに入りたがるのが面白くて。
初めて「疲れたのかな?」と思って入れた時は、
嫌がって(もっと歩きたくて)即行ジャンプしたけど、1回で中に入っても良いことを覚えたみたいです。
tn_2009.6.7-1 004  tn_2009.6.7-1 005
ベランダに洗濯物を干してる時もチョコチョコやって来て外を眺めてます。大きくなってきました。
[ 2009/06/08 16:54 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)

美容室

エリアFに入ってる美容室に行ったんですけど…最悪でした
他の従業員と英語で会話するので、アメリカ人じゃないけどイタリア人でもないと思われる、
カッコ良いお姉さんが切ってくれるもんだと思ってたのに、
前のお客さんが終わってなかったので、オーナーと思しきオヤジが登場したんですが、
こっちの説明が上手く通じない。
写真まで持って来たのに、全く違う髪形にされちゃったので、 それを伝えたら、同じだって言い張るし、
長さが同じだとか言ってたけど、
長さが同じでも髪型そのものが違ったら意味ないじゃん。バカにしてんのか。
baromu.png私が求めてるのはバロムみたいなシェイプであってi_kuri.jpgクリボーじゃないし
ボリュームの配置が違うでだろうが。下じゃなくて上だっちゅうの!!
でもね、丁寧に言ったんですよ。
あなたが切ってくれた髪型でも良いんだけど、嫌いな訳じゃないんだけど、イメージと少し違うので、
下の方を直して貰えませんか?と。
それも伝わったような伝わらないような…美容師どうこう依然の問題じゃん。英語が伝わらないんだもん。
そしたら、私が自分が切った髪形に納得しないのがムカついたみたいで、
髪の毛を強く引っ張るわ、ドライヤーを耳に当てるので熱いわ、勢い余ってピアスを下に落とすわ…

オヤジのくせに大人気ないヤツだ。無駄に歳くってるんじゃねえよ。

結局、髪の毛の方ですけど、家に帰ってから自分で直しました。
こんなムカつく美容室、二度と行くもんか。
って言う愚痴を隣のアブリーに聞いてもらったら、
「エリアFの美容室は態度が悪いので自分も行くのを止めた。エリア1の方がマシだと思う。」
ですと。
よし、今度はエリア1に行ってみよう。うちから近いし、ハナちゃんを迎えに行くついでに寄ることも出来るし。
ほんと自分に合う美容師さんを見つけるのって難しいですよね

思えば、この美容室、予約の段階から失礼でした。
まず受付のバカ。
「ここで髪の毛を切ってもらいたい場合は予約が必要ですか?」と聞いただけなのに、
そいつが美容師さんに話しかけ、
美容師さんに「ちょっと待って下さい」と言われ、待つこと5分くらい。何の返答もない。意味わからん。
もう帰ろう!と思った時、また同じバカに、「ご用件は?」みたいなことを言われたもんで、
ちょっとムカッと来て、
「だから予約が必要なのか?って質問したじゃん。誰も答えてくれないし。
ちょっと待ってくれって言われたけど、
彼女の手が空いたところで今日はダメ。ハナちゃんが一緒だから。明日お願いしたい。」
って早口で言ったら、
「ああ、落ち着いて、落ち着いて」みたいなことを言われて、
次に出た言葉が「あなたイタリア語できる?」だって。お前はアホか!アホだろう!
いくらイタリア人が牛耳ってるとは言え、
BXに入ってる美容室ですよね?客の大半は基地関係者ですよね?
なんでBXに来る客にイタリア語で話すことを求めるかな。
「イタリア語なら分かるんだけど」ってこと?って言うか、英語が分からないのに、なんでBXで働いてんの?
それ依然の問題として、英語で質問できるけど、相手の言うことが理解できないのか?
だから「イタリア語は出来ない。日本語と英語だけ。」って答えたら、
「ああ、ごめんなさい、日本語は分からないわ。」だって。誰が日本語で話せって言った?
って言うか、この店に入ってから、一度でも日本語で話したか?
思わず「私、アメリカ人じゃないから、英語の発音が悪いのよね!!」って言ってしまったじゃん。
そしたら、やっと美容師さんに事情を説明し(…たと思われる)、
美容師さんから「明日の予約を取って下さい」って言われたのでした。早く言えや。
もしかして、アジア人だと思ってバカにしてるとか、そういうことじゃないだろうな。だったら本気で怒るぞ。
キレやすいから、すぐカッと来るんですけど(笑)、久しぶりにムカつきました
[ 2009/06/07 06:17 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)

予定ギッシリ

たいした内容じゃないんですが、いろんなことがあって、いつになく濃い1週間になりそうなので、
それについて書いてみようと思います。バタバタ忙しかったけど楽しかったです。
月曜日は、コーヒーを飲みたいが為に、ドビ子を連れてエリア1に行き、ユーロを下ろしてからバールへ。
いったん家に戻り、ロナンを抱えてエリアFへ。
基地内の安全な場所で三輪車と散歩の練習をしました。
火曜日は図書館へ。
ウォとマーケットに行ってトイレの窓に良さそうなカーテン物色するはずだったのに、
私から電話が入ることをスッカリ忘れたウォが普通にランチに行ってしまい、
そんじゃ一緒に食べるわってことで、
私たちもダイニングホールに行きました。2ドルでサラダ山盛り食べられるのが良いです(←けち・笑)。
その後はバールでマッタリ。
午後は「買い物のついでに寄った」とタオ&ナタリアが顔を出してくれました。
水曜日はプレイグループだけだな。その後BXに用事があったからエリアFまで行ったけど。
ウォが帰宅してから自転車用のチャイルドシートを買いに行きました。
どうやら月曜日と火曜日がイタリアの休日(4連休じゃん!GWみたいなものか?)だったみたいで、
個人経営の自転車屋さん、日曜日から閉まりっ放し。
何度か空振りしちゃったけど、やっと(前から買う予定だった)ピンクのチャイルドシートが手に入りました。
木曜日は日本人のお友達と集まり、その後ポルデノーネにある歯医者さんへ。
金曜日はバールでコーヒーを飲んでから友達の娘さんの誕生日プレゼントを買うためBXへ。
ロジンの裏にある小さい子用の公園で30分くらい遊びました。
そして、明日(土曜日)は、BXにある美容院で髪の毛を切ってもらう予定です。
午後から友達の娘さんの誕生日が二つ入ってるので、ハナちゃんにとって楽しい一日になりそう。
さらに、日曜日は、シェフ・ディビッドのお誘いでステーキを御馳走になります。
デザートは奥さんのテリーが用意するので、
私たちはパン、リンダ(ウォの部下の1人)はサラダ。
彼女、クルーズから戻ったばかりなんですが、ギリシャで買った美味しいワインがあるんだって。
それを持って来てくれるそうです。
tn_2009.6.6 019  tn_2009.6.6 016
運動を兼ねて通勤用に買った自転車・ヘルメット・チャイルドシート。
基地のデイケアに空きがある時は、週3回(1日3時間半)で預かってもらおうと考えてます。
私の休息とハナちゃんの社交性のためです。
行きはパパと一緒に自転車、帰りは私がドビーを連れて迎えに行こうかと。
この日の夕方、
早速チャイルドシートを装着したウォが「ハナちゃんと一緒に乗ってみるね~♪」と言って出かけてから、
30分以上たっても帰って来ない。
どうやら自転車を気に入ったハナちゃんに「More!More!」とせがまれ、
あちこち乗り回すことになったみたいです。ウォ40歳。しっかり筋肉痛。お…お疲れ様でした
[ 2009/06/06 06:01 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)

インビサライン・その①

前のブログに書いた「矯正の専門家」じゃなくて、別の歯医者さんに通うことになりました。
と言うのも、ウォが職場の女性と歯医者の話をしていたら、
その金額は高すぎる!
自分の娘が矯正してもらった先生を紹介するから、セカンドオピニオンを求めるべきよ!
と言われまして、
イタリア語が出来る方なので(彼女は元米空軍オフィサー、旦那さんはイタリア軍のオフィサー)、
パッパと歯医者に電話をかけ予約を取って下さったのでした(力強し・笑)。
blog 002
Valenti(ラストネーム)と言う歯科医院で、ポルデノーネの中心街にあります。
父と息子2人で営業してるようです。
実は、ここだけの話、
一方通行が多くてゴミゴミしてる中心街にやられっぱなしで、歯科医院の場所を探し当てることが出来ず、
その2.3日後に予約を入れ直し、1回目のコンサルタントをしてもらったのでした
まずビックリしたのが、予約時間の30分前に着いても普通に診てくれる、
先生もアシスタントの女性も非常にフレンドリーで感じが良い、
ついでに先生は若くてハンサムだ(それは要らないぞ・笑)、しかも英語が上手、
「君は日本人?僕、ちょっと前に、日本旅行戻ったばかりなんだ。日本が大好き。」ですと!
ポイント高し
肝心の(笑)コンサルタントの方ですが、過去の先生方と大きく違って、
1)私の金具を開ける器具が無いので、アメリカの歯医者とコンタクトを取り、金具の種類を調べ、
適切な器具を手に入れることが出来れば、今の金具を使って治療を続ける。
2)もし手に入らないなら、
金具を取り外して、一からやり直すことになるが、自分のスペシャリティであるInvisalignを薦める。

…Invisalignって何じゃ!?
invisaline.jpg
こちらのブログに載ってました。

先生の説明によると、まず歯の型を取り、コンピューターで今後どの位置に動かしたいか分析し、
その結果に基づいてアメリカの会社にマウスピースを発注するそうです。
通院は2週間ごと。
食べる時はマウスピースを外すことが出来るので硬い物でも普通に食べられるし、
ワイヤーを締める度に痛い思いをしないで済む、デンタルフロスも楽(金具の間を通さなくて良いから)、
歯が動いたせいでワイヤーが口の中に突き刺さって流血するとか、
金具がぶつかって口内炎が出来るとか、そういう心配もナシ。金具より良いじゃないか。
ってか、そんな良い話を聞いた後で、金具なんて付けたくないぞ。
この歯医者さんを紹介してくれた女性の娘さんもInvisalignで矯正したそうです。
ちなみに、まだ若いからだと思うけど、コストが1200ユーロ。
私がエライ勢いで食い付いたもんで(笑)、Invisalignによる治療を進めることになったのでした
2回目の今日は、今後の治療方針のために細かい写真を撮り、
金具を外してもらったのですが、金具ありバージョン&なしバージョンで型を取りました。
しかし歯医者さんって大変ですね。力仕事ですよね。
この金具を取るのが一苦労でして、金具の周りに透明のテープを巻きつけた後、ペンチでゴリゴリ。
ワイヤーごとゴロンと取れたのですが、
男の先生が力いっぱいペンチを動かしても、サクッと取れない金具がありました。
取ったら取ったで、歯に残った専用の糊を綺麗に剥がすため、また一苦労。仕事とは言え、お疲れ様ッス。
また、途中で何度も「大丈夫?痛くない?」と確認してくれ、ナイスガイですよ
結果、金具が取れて「ヤッター!!(ヒーローズ)」なのですが、
金具が取れたのに、まだ圧迫感があって、とても変な感じ。ウォやハナAさんに言われたとおり。
そして、気になるコストの方ですが、
こう言った下準備、メインの治療、アフターフォローを含め、4500ユーロでございます。
決して安い金額じゃあないですが、
4000ユーロ~6000ユーロ+写真を撮るだけで750ユーロ、
そんなに払うけど違う金具を付け直すだけなので、引き続き居心地の悪い状態が続く…
と言う方針を立てた矯正の専門家より、条件が良いかな、と。
4500ユーロ払う価値もあると思うんだよな。しかもハンサムな先生に会えるしさ(それは関係ない・笑)。
真っ直ぐな歯並びをゲットするために、今後も頑張ります。
[ 2009/06/05 07:02 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)

ハナAさん(3日目)

-4月30日(木)-

tn_2009.5.1 001  tn_2009.5.1 003
金曜日が祝日なので、午前中はヴェニス行きの情報を得るため、エリア1まで行きました。
ゲートを入ると左手にコミュニティセンターが有るんですが、
ITT(インフォメーション・チケット・ツアー)と言う、旅行代理店が入ってるのです。
必要な情報が手に入るだけでなく、アミューズメントパークなどのチケットを安く取り扱うこともあるし、
クルーズやバスツアーなど、そういった手配をするようです。
なので、遠出したい場合は、
何らかの情報やサービスを求め、一度ITTオフィスに足を運んだ方が良さそうです。
ハナAさんの当初の希望では、ヴェニスに2連泊し、月曜日に帰国する…と言うものでしたが、
ケチんぼカルーソーに阻まれ、予定が大幅に変わってしまったのでした(笑)。
ヴェニスの町の中には車で入れないので、
用意された駐車場に止めることになるのですが、その駐車代金が一日20ユーロとか、
町の中にあるホテルに止まったら、そのホテル代が1泊130ユーロとか、
その時は、たっけぇ~!!と思ったけど、
なんせ1泊60ドルの安モーテルで高く感じる場所から来たもんで(物価が違うから仕方ない・笑)、
後から冷静になって考えてみたら…そんなに高くないじゃんね
ウォは駐車場を探すのに迷うのが嫌だと言い、
ITTの担当者からヴェニス経験者まで、口を揃えて「ヴェニスに行くなら電車を使うべきだ」と力説するので、
地元の旅行会社に2日分(土・日)の往復チケットを買いに行くことになったのでした。
過去の経験になりますが、「地図で見たら簡単なのに実際に行ってみると大変だった」ことも多く、
ウォのストレスが限界ギリギリだったので、電車を使って正解だったと思います。
特に町の中なんて、道の名前を探すのに一苦労。
よく見ようと思ってトロトロ走ると後ろからプップーされるし。
狭い路地や一方通行が多いので、目的地に行けるけど、同じ道を使って出られず大回りするとか、
ついでに迷っちゃうとか、そういうのが多いのです。
travel.jpg  tn_2009.5.1 008 →旅行会社(ウェブサイトはコチラ)と電車のチケットです。

旅行会社の後は基地の向かいにあるOVVIOとSEMERATOへ。
tn_2010.3.20 008
家具や生活雑貨を取り扱ってるんですが、
とにかくデザインや色合いがファンキーで、IKEAやLOFTみたいな感じかと。
同じ建物に電気屋さんが入ってるんですが、たまに買い物します。
2009.5.1 007-s  2009.5.1 008-s  hana_20091023231024.jpg
店内を回って買い物し、1階の電気屋さんを物色した後、フードコートでランチしました。
ウォのコルドンブルー、私とハナAさんのパニーニ、子供用ランチ。
パニーニの方は(ピザ同様)うす味で、ハム・チーズ・コショウなどの味が良く引き立ってました。
とても美味しかったです。
ハナちゃんはチキンナゲットが好きじゃないので、
私達が片付けることになりましたが、パスタの方は気に入ってガツガツ食べてくれました。
tn_2009.5.1 009  2009.5.1 010-s
テーブルや椅子もオシャレなこと。2枚目(右側)のラックは食べ終わったトレイを置く場所です。
  316003.jpg
こちらオマケ。
同じ敷地内にあるSCARPE & SCARPEとSHOGUN SUSHI WOKです。
1枚目は靴屋さん。
BXで欲しい靴が見つからなかった時に何度か買い物しましたが、
値段の割に質が悪いような…(汗)。
2枚目はチャイニーズレストラン(バイキング)。
割と美味しいので、イタリアンに飽きた時に食べに行きますが、
SUSHIって書いてあるけど遅い時間じゃないと出て来ないし、大人2人で40ユーロ以上だし、
気に入ってるから食べに行く訳じゃなくて、
他に選択肢が無いから仕方なく行く…と言う感じ(汗)。
でも、自分で好きな肉・魚介類・野菜を選ぶと、その場で炒めてくれるみたいなので、
また行くことがあればWOKの部分を試そうと思ってます。

tn_2009.5.1 015  tn_2009.5.1 013
ランチの後はポルデノーネの中心街へ。
お目当ては、空港に向かう途中で見つけたペットショップだったんですが、
無駄に長い昼休みのせいで開いておらず(けっこうウザイ)。
でも、ガラス越しに中身を覗いてみるも、
ワンコセクションが小さくて、今いちパッとしないので、
中心街をブラブラ歩いて散策。
ドコに何があるのか良く分からず、途中で雨まで降り始め、ちょっぴり凹んた気分で退散。
今後はポルデノーネの中心街にある歯医者さんに通うことにしたので、
次回のために、あちこち予習しておきます
tn_2010.3.20 019  tn_2010.3.20 021
その後は、私たちが良く行くハードウェアストア(ホーマックみたいなもん)、
おもちゃ屋さん、地元のスーパーマーケットへ!ハナAさんが一番食い付いたのがココだった(笑)。
ちなみにハナちゃんが昼寝を始めたので、
ウォが車で待っててくれました。って言うか…ウォも一緒に寝てたな(笑)。

tn_2009.5.1 017  tn_2009.5.1 016  tn_2009.5.1 018
家に戻った後は誕生日ケーキの準備。2人で飾り付け。
こうやって見てると、ハナちゃんの誕生日みたいですが、今日の主役はハナAさんです(笑)。
30うん歳(に見えないけどね、若いので)の誕生日でした
tn_2009.5.1 021  tn_2009.5.1 024
おめでとう~!!どう?美味しい?
ハナちゃんが2歳の誕生日を迎えた時は、ケーキが嫌いで、ウォルマートで注文したクッキーも嫌いで、
あれ!?って感じだったけど、普通にモリモリ食べるようになったし(笑)。

以上、ハナAさんが撮った写真も使わせて頂き、3日目の報告でした。まだまだ続きます。
[ 2009/06/03 16:35 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)

トレーニング

下の写真は、先にドビーの散歩を終えてから、ハナちゃんとロナンだけ連れて、
基地に行った時のものです。たまに行きます。
目的は、安全な場所にて、三輪車を乗り回すこと&オンリーシュで歩くのに慣れてもらうこと。
実は、ここ1ヶ月くらいの話なんですが、
ハナちゃんが急に上手に三輪車で遊べるようになったんですよ
数ヶ月前までは、
私が押せば自分で漕いて前に進むけど、なんせ方向転換できなかったので、
1人で乗れるようになるのは先の話だろうなぁ~なんて思ってましたが、3歳を目前にして見事クリア。
対するロナンの方が訓練要って感じ…まだ子犬ですもんね
歩くことは歩くんですが、あっちフラフラ、こっちフラフラ、見る物すべてが新しいので、
いちいち驚いて、興奮して、無駄に体力を使っております。
でも、初めてリーシュを付けた時は、
ギャンギャン鳴かれた上、がっつり伏せをして全く動かず、最終的に抱っこすることになったので、
それに比べたらマシかなぁ…。
こればっかりは少しずつ慣れてもらうしかないよね。頑張れ、ロナン。
tn_2009.6.1 054  tn_2009.6.1 053
ズンズン進む2人。やる気満々。
でも、ロナンが三輪車に近付き過ぎて轢かれそうになるため、ちゃんと見てないと危ないッス。
真っ直ぐ歩くんだぞぉ~。

これは土曜日の話。みんなで散歩に出た時のこと。
tn_2009.6.1 043  tn_2009.6.1 044  tn_2009.6.1 038
3枚目は、わほわほウルさく吼えるんだけど、実はフレンドリーで、
通りかかる度にナデナデすると、キューンキュン言って喜んでくれるワンちゃんです。
私はイタリア人が住んでるんだと思ってましたが(たまに見かけるから)、
自宅の1階が借家になっており、
なんと顔見知りの家族(こっちに来たばかりの時に公園で一緒に遊んだ)が住んでることが判明し、
普通にビックリしました。
ゴミ袋を抱えて出て来た旦那さんに見覚えがあったんだけど、
「ここイタリア人の家だもんな。そんな訳ないよな。」と思い、普通に通り過ぎようとしたら、
向こうも私たちを覚えていたらしく、声をかけてくれました。
どうやら、イタリアでは、
下の階(たぶん上の階と全く同じ造りだろうと思います)を貸すとか、
(タオの家がそうなんだけど)左右対称の家の反対側、そういう貸し方が一般的なようです。
誰かに貸す予定があって大きい家を建てるのか、
二世帯住宅だったけど家族・親戚が引っ越したので誰かに貸すことにしたのか、よく分かりませんが…
意外と近くに潜んでる(訳じゃない・笑)アメリカ人が多いのかも?

tn_2009.6.1 058 ←散歩後。お疲れモードのロナン氏。明日も頑張ろう。
[ 2009/06/01 23:50 ] ハラメグ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。