2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04
月別アーカイブ  [ 2009年03月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハウスキーパー

基地のホテルのハウスキーパー、実は私も1年くらい働いてたんですが、
話に聞いてた通り、海外と本国では、ほんとにハウスキーパーの勤務形態が違うみたいです。
私が居た時なんて、基本的に1人1フロア、
チェックアウトが少なくて、そんなに忙しくない時は、人数自体を減らされてしまうので、
1人で2階建てのビルを丸ごと掃除するハメになり、
それだけでも結構な重労働なのに、ここが終わったら○○さんを手伝いに行って!と他のビルに回され、
酷い時は3~4フロア掛け持つことなったのでした。
プラス、使ったフロアのカートにタオルやアメニティを詰め詰めし、
在庫を数えたり、新しく運ばれて来た物を棚に閉まったり、タオルをビニールから出して畳んだり…
それを2つも3つもやれって言われたら、これまた結構めんどくさいのです。
って言うか、仕事を終わらせるのが精一杯で、そっちまで手が回らないから!みたいな
それこもこれも、頭の悪い上司が、
ハウスキーパーにかかるコストを削減することで自分の株を上げようとしたから…なんですけどね。
だから、せっかく忙しくない時に、
連泊者の部屋を綺麗に掃除しようと思っても、カートやクローゼットを片付けようと思っても、
その時間がないんですよ。
なのに、そうやって人数を減らして常に「せかした」状態で働かせているくせに、
後から空室のチェックとか言って検査に入り、細かいミスを見つけては、書類にサインをさせたりして。
(この書類の数が増えると解雇できるんです)
こっちもプロですから、ミスがあっちゃいけないんだけどさ、
あんな過酷な状態だと、手を抜けるところは抜いてサクサク終わらせないと、
間に合わないんですわ。
それでも、大きなミスもなく、何とかかんとか形にしてしまうオバちゃん達には感動しました。
すごかったです。
でも、こちらのハウスキーパーさんを見ていると、話に聞いていた通り、
配置された人数が各フロアに2~3人で、
チェックアウトはもちろん、連泊者に対するサービスを行う場合も、1人じゃないんです。
「マンスリーマンション並みの広さ+1日で部屋を汚くするアメリカ人」と言う組み合わせを考えた時、
「数人で協力しながら掃除できる」と言うだけで精神的に楽になるし、早く片付くと思うし。
そして、とても素晴らしいなぁ~と思ったのが、
ある日の朝、ハウスキーパーさんがくれた1枚のプリント。
今日はチェックアウトが多いので、連泊者にフルサービスを行う時間がありません。
ハウスキーパーが出来るのサービスはタオルとゴミの処理だけです。
何か不都合があればフロントデスクまで連絡ください。
フルサービスが必要な場合は、出来るだけ早く誰かを部屋に送ります。理解と協力をお願いします。
ホテルマネージャーさんからの案内でした。
経験者から言わせてもらうと、
まとめて泊まりに来た客が同じ日に一斉に出て行くとか、そんなこんなでチェックアウトが多くて忙しい時、
連泊者に対するサービスは必要最低限になっちゃいます。
そうしないと終わらないからです。
でも、こうやって案内があれば、泊まり客も納得するし、文句を言われる心配がないですよね。
ってか、文句を言うとしても、DV(オフィサーのトップの方)だけだと思うんだけど。
あ、そっちの方は、どんなに忙しくてもフルサービスを行うのかもしれない(前のホテルはそうだった)。

ハウスキーパーをしてた時は、ほんとに色々ありました。
ノックをしても呼んでも出ないので不在だと思い、スペアキーを使って部屋の中に入ったら、
寝てたり(笑)、トイレやシャワーに居たり(汗)、
たった一晩で部屋を汚くされたり(何をどうしたらこうなるの?みたいな)、
子供が床にこぼした食べ物がほったらかしのままだったり(自分で掃除してくれ)、
足の踏み場も無いくらい物が散乱しており掃除機がかけられないとか、
ゴミがゴミ箱に入ってないので(話にならん)何をどこまで捨てたら良いのか分からなくて困るとか、
だらしないのもここまで来ると呆れます。
ってか、メイドか何かと間違ってるだろう!と腹が立つことも多々ありました
基地のホテルを使う人間はミリタリー関係者だから、
綺麗に使わないといけない…と言う決まりがあるハズだし、たとえ決まりが無くても常識で分かるだろう。
一度、あまりにも汚い部屋があったので、
ホテルマネージャーが部屋の散乱具合を写真に撮って、
泊まっていたエアマンの上司に見せたところ、すぐさま綺麗に片付けてくれました。
イタリアの人が見たら、どう思うんだろ、そういうアメリカ人って。いつか聞いてみたいもんです
スポンサーサイト
[ 2009/03/10 07:09 ] ハラメグ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。