2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホテル生活・その⑨

↓ノースキャロライナの話です↓


ホテル生活も残り僅か…。予定通りに行けば週明けの水曜日に出発!と言う時。
最後の週末は、もう一度、仲の良い友達と食事しました。
tn_2009.2.17 019  tn_2009.2.17 020
ディー&レジーナと一緒にApplebee’sへ。
このレストラン、いわゆるファミレスなんですが、来る度にグレードが下がるような気がします。
平日はテイクアウトのせいで40分も待たされるとか。
2003年、新婚旅行を兼ねてアメリカに遊びに来たことがあるんですが、
初めて入った現地のレストランがApplebee’sで、その時はもう少しマシだったと思うんだけどなぁ~。
たいして美味しくないのに、値上がりしてる。
しかも、サラダ&スープ付きで6ドルなんぼ!とか言う、試してみたいメニューは平日のみ。
他の町のApplebee’sなら、もう少し美味しいんだろうな、それが空しいぜ(笑)。
この日はバレンタインデーだったので、風船やステッカーで店内が綺麗に飾りつけされており、
それを見たハナちゃんが「風船チョーダイ!」と大騒ぎ(笑)。
ウェイトレスさんに聞いたら普通に持って来てくれました。なんと名前付きです。どうもありがとう
tn_2009.2.17 021  tn_2009.2.17 025
その後は、基地のショペットに行って、車の洗浄と掃除。
ウォさんのビートルはヴァージニア州のポーツマウスからイタリアに向けて出航するのですが、
ガソリンはタンクの4分の1以下だとか、車の外と中が綺麗じゃないとダメだとか、
いろんな規則があるようです。
でも、45日間ずっと船の中に置きっぱなしで汚れちゃうので、イタリアに着いて持ち主に引き渡す時、
カーウォッシュのタダ券をくれるそうです。お金の出どころは政府かな。ですよね。
tn_2009.2.17 023  tn_2009.2.17 024  tn_2009.2.17 026  tn_2009.2.17 030
それを待っている間のハナちゃん。
花や小枝がオモチャになるのがスゴイ。右の2枚は掃除してるんだって。なんだか忙しそう(笑)。
tn_2009.2.17 022
ショペットで働く日本人のトモコさんです。
ノースキャロライナに来た1年目、英語は分からないわ、日本人の友達は居ないわ、
精神的に少しキツイ時期があったんですが、
トモコが日本人であることを発見したウォが電話番号を聞いてくれて、友達になって頂いたのでした。
一番ツライ時を支えてくれた大切な友達の一人です。
会いに行く度にハナちゃんを可愛がって下さり、キティちゃんグッズを頂いたこともありました。
色々ありがとうございました
tn_2009.2.17 028  tn_2009.2.17 027
こちらは別の日のディナー。またカークラブのメンバーが集まってくれました。
右がDarrell(うまく発音できず)と奥さんのリンダ。
左がケビン、ケビンとベスの孫。真ん中がケビンの奥さんのベス。
「大抵の子供が恐がって近付かない」と言うDarrellですが、ハナちゃんは知らないうちに慣れたみたい、
自ら「隣に座る!」と言うので記念撮影。Darrellがとても嬉しそうだったのが印象的。
この日はRuby Tuesdayで食べたのですが、とウォはクラムチャウダーとサラダのセットを注文。
でも、肝心の味の方が何だか微妙でした。
シーズニングが多すぎたのかな、クラムチャウダーの味がしない。
なんか「他と違うことをしようと思って、あれこれ頑張り過ぎた結果、失敗しちゃったぁ~」って感じ(笑)。


そして祝日明けの火曜日。
ハナちゃんは最後のデイケアへ、ウォは友達に付き添ってもらいポーツマウスへ、
ビザが届いたらホテルの部屋の電話が入ることになっていたので、
私はPンダーさんの連絡を待ちました。なんだかソワソワしちゃって朝から何も手に付かず(笑)。
ハナちゃんを迎えに行く少し前に電話が入ったので、
ステイシーさんの所に行き、ハナちゃんを連れてビザを取りに行き、
その足でウォのボスや友達が働いてるビルに寄って最後の挨拶を済ませることにしました。
tn_2009.2.17 032  tn_2009.2.17 033
1枚目)前のデイケアから一緒でした。アビーの娘のケイトレン、そしてベイリー。
2枚目)プロバイダーのステイシーです。めっちゃお世話になりました。
tn_2009.2.17 034  tn_2009.2.17 037
1枚目)NAF従業員のデビー、マーサ、バーバラ、そしてジュディ。
家族のように私達を大事にしてくれ、孫のようにハナちゃんを可愛がってくれました。
彼女達のおかげでウォも楽しく働くことが出来たし、
困ったことがあれば力になってくれたバーバラのおかげで、
「近くに頼れる家族や親戚が居なくて大変だ」と一度も感じないで済みました。
2枚目)ディビッド(ウォのボス)&デニス。
tn_2009.2.17 038  tn_2009.2.17 042
火曜日の夜は、お気に入りのレストラン、NARITA(ウェブサイトはコチラ)へ。
ハナちゃんと離れることを誰よりも寂しく思っているのが、ライスマン(オーナー)かもしれません…
私達を大事にしてれた素敵な方々と知り合いになれて幸せでした。
tn_2009.2.17 039
これはオマケ。ウォがホテルに戻る前に借りて来た車(ヒュンダイ)。
大きめでユッタリしてました。
気になるのマイレージ(燃費)ですが、国産車よりマシだけど、サイオンより悪いみたいです。
日本で当たり前の数字がアメリカでベストなんだから。困ったもんです。


こうやってノースキャロライナの写真を見ていて思うのが、
めっちゃ田舎だし、これと言って面白いことは無いし、レストランもマズイし、絶対に昇格できないし、
どうしようもないっちゃどうしようもないけど(笑)そんなに悪くなかったな、と言うこと。
Red Hawkから離れて初めて気付きました。
私達が嫌だったのはRed Hawkであってノースキャロライナじゃなかった、と。
みなさんに心配して頂いたのが、
「ずっとホテル住まいで大変でしょう。ハナちゃんはオモチャがなくても大丈夫?」と言うこと。
実は、当の私達は、大変どころか楽しんでいたくらいなんです。
Red Hawkから離れちまえば?
迎えの奥さんやドラッグディーラーの奇行に煩わされないで済む。
目の前に公園がある。知り合いもいる。
ハナちゃんは、外に出る度、毎日のように他の子供達と一緒に遊ぶことが出来るし、
私は子供達を見守る他の奥さん達と普通の会話を楽しむことが出来るし、
たとえホテル生活でも、Red Hawkで変な住人にj囲まれて暮らすより、何倍も良かったからです。
何より私達を思ってくれる人がたくさん居る。その事実に感謝すべきですうよね。
3年後、他に行きたい場所がなければ、
ノースキャロライナに戻るって言うのも有かな、と思い始めました。
もちろんRed Hawkは却下ですが。
でも、そうなると、ルールに従って、ウォの次の人を追い出すことになるので、
ウォは気が進まないようですが、彼女のご主人はミリタリーなので別の場所に転勤になる可能性もあるし、
何より、自分達で転勤先を見つけられない場合、前の基地に戻る権利を使わないと、
こちらの希望を聞かずに基地が選んだ仕事に就くしかないので、
それが必ずしも「住みたいと思える州+やりたいと思う仕事」だとは限らない…
だから、今後の状況によりますが、
ノースキャロライナに戻る可能性も十分ありそうです。今は「そうなっても良いかな」と思っています。
スポンサーサイト
[ 2009/03/02 05:36 ] ハラメグ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

ハラメグ

管理人:ハラメグ
過去の記録(ファイル使用量の関係で運営終了)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。